スコラ・コンサルトは、プロセス型コンサルティングによる組織風土改革のパイオニアです。

03-5420-6251 ご相談窓口 平日9:30~18:00

メールニュース講読 お問合せ・ご相談
辰巳 和正(たつみかずまさ)

辰巳 和正(たつみかずまさ)

2015年7月、スコラ・コンサルト代表取締役就任。
大手生命保険会社の管理部門および営業企画部門でマネジャー職を務め、管理部門時代には社内改善コンテストで2年連続1位の評価を得る。また経営企画部門では全社変革展開に取り組んだ経験を持つ。

これらの経験から、多くの組織が人のもつ能力を最大化できないことで、個人や組織、社会にとって多大な損失を生んでいることに気づく。しかし、機能不全になっている組織であっても、適切に人を生かす「仕組み」があれば確実に再生するということを学び、組織を機能不全から脱却させるために必要な「仕組み」を創り、社会に広げることで人や組織・社会へ貢献したいという思いを強くする。

その思いを具現化するべく、2008年、株式会社スコラ・コンサルトに入社。日本を代表する大企業をはじめ、数多くの企業の変革実践プロセスに携わるなかで、組織の当事者が自分たちの力で活用し進化させていける組織変革に必要な「仕組み」と最適な提供のしかたを模索し続ける。

2012年、その検証結果から、チームワークの状態を定量で測るアセスメントツール「ワークコラボレーション・レビュー」を開発。翌年にはWEBで無料提供を開始し、1年で延べ80以上の組織、6000人に利用されるツールに成長させた。

社会全体の機能不全の課題にも関心を持ち、行動している。
2012年、自らの子育て経験で小さい子を持つ親が孤立していることに問題を感じ、親同士が互いにつながり助け合うためのSNS「パパママルーム」を立ち上げた。この取り組みは、リソウル株式会社が運営する社会起業大学ソーシャルビジネスグランプリで「リソウル大賞」を受賞。現在400名が参加している。

2013年には、「つながる職場づくりラボ」を立ち上げる。産業カウンセラーとしての経験を生かしながら組織のメンタルヘルス問題にも取り組む。大阪府生まれ。

■スコラ・コンサルト ワークコラボレーション・デザインラボ代表