<Vol.91>上司のスポンサーシップで差がつく「改善力」|コラム|スコラ・コンサルト

<Vol.91>上司のスポンサーシップで差がつく「改善力」

2017.02.02

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スコラ・コンサルト <行政経営デザインラボ>
行政経営デザインメールニュース vol.91

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年に2回ほど開催している「公務員の組織風土改革世話人交流会」
も17年目を迎えました。毎年1月に行なう冬の場は、前年の取組み
をふり返り、ネジを巻き直す機会として活用される方が増えてきて
います。
今年の冬の場(1月21日)では、そんなリピーターの方々に運営チー
ムからプレゼントがありました。前年の会合で参加者が出したMy
メッセージを掲載した「ジブン新聞」です。とても好評でした。
さて、今年はここからどんなチャレンジがスタートするでしょうか。


●○コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上司のスポンサーシップで差がつく「改善力」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎年この時期になると、各自治体で改善事例発表会が開催されます。
私も各地で審査員を務めさせていただくことがありますが、どの自
治体でも、発表する職員はとても元気です。プレゼンテーションで
は動画あり、ダンスあり、寸劇あり、ゆるキャラありと、さまざま
な趣向が施されています。すべての職場で仕事がこのように楽しく
改善されていくならば、どんなにいい役所になれることでしょう。

それでも職員からは、「課長は、改善活動には関心がないんですよ」
という言葉をよく聞きます。それは発表会場に管理職がほとんど来
ていない自治体が多いことからもわかります。
「改善はいいことだし、必要なことだけど、改善するのは部下職員
で、自分たち管理職には関係がないもの」といった意識があるので
はないでしょうか。

確かに、法律や制度で決められた事務を遂行するだけならば、その
やり方を職員が主体的に工夫して進めても、上司が職員に指示・命
令して進めさせても、アウトプットにさほど違いはないのかもしれ
ません。
しかし、地方分権が進み、人口減少を食い止め、日本に活力を取り
戻す“地方創生”が喫緊の課題となっている今では、それだけでは
事足りなくなっています。仕事を進めるプロセスにおいて、地方独
自のサービスを生み出すことや、民との協働関係を通じて住民がみ
ずからできる地域づくりの機能を高めるなど、職員が個々の現場で
付加価値をつけていくことが重要になっているのです。

それには、まず管理職が職員に対して、地域のめざす姿を熱く語り、
職員自身が役所の果たす役割・使命にやりがいを感じて、より高い
目標にチャレンジするよう、しっかり動機づけていくことが求めら
れます。

また、いつもの仕事を時代の変化に応じた新しいやり方に変えてい
くためには、職場で先進事例や業界動向などの話題を提供し、職員
が情報を敏感にキャッチして、ゼロベースで仕事を見直すきっかけ
をつくっていくことも大切です。

さらに、新しいチャレンジをし始めた職員がいれば、途中で挫折す
ることもあるでしょう。部署間の壁や、関係団体との交渉上の困難
にぶつかるときには、管理職が他部署や団体への橋渡し役となって、
苦境を乗り越えるサポートをする必要があるかもしれません。

そして、うまく改善が進められたときには、目に見えやすい業績成
果だけでなく、目に見えない波及効果にも光を当て、取組みが次年
度につながるような仕組みにして定着させていくことも管理職でな
ければできない重要な役割です。
がんばった職員には、どんな能力の向上があったのかを見極めて誉
めれば、人材育成にもつながります。

これらは、管理職自身が前に出て導くリーダーシップとは違う、部
下を主役にして支援する、管理職のスポンサーシップと言えるもの
です。このスポンサーシップの有無が、改善を単発の業務改善に終
わらせるのか、人材育成や職場改善に結びついて持続する組織の改
善力に発展していくのか、大きな差をもたらすポイントになります。

改善活動や改善発表会を何年も続けている自治体においては、さら
なる発展に向けて、ぜひ一度管理職の役割見直し、スポンサーシッ
プを高めていく方策を補強してみてはいかがでしょうか。

行政経営デザイナー/プロセスデザイナー 元吉 由紀子
http://gyousei-design.jp/introduction/profile.php

▼公共組織向けメールニュースコラムのバックナンバーは、
 下記からご覧いただけます。
http://gyousei-design.jp/column/



●○お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カイゼンサミット in 福山

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

行政経営デザイナー元吉由紀子が代表を務める<自治体改善マネジメ
ント研究会〉では、福山市で開催される全国都市改善改革実践事例
発表会の翌日2017年2月18日(土)に実施する「カイゼンサミット」
の企画・運営をしています。

静岡県および富士市(静岡県)の改善運動の事例紹介のほか、全国
各地で改善に取り組む職員どうしの交流、改善運動の進め方につい
て考え合うグループディスカッションを予定しています。
参加ご希望の方は、「自治体改善の輪」HPの開催案内をご覧のうえ、
「こくちーず」からお申し込みください。

▼「自治体改善の輪」カイゼンサミット開催のご案内
http://jichitai-kaizen.net/2016summit/

▼お申込みは「こくちーず」から
http://www.kokuchpro.com/event/5299ac3556ead77760cac1212021dcf1/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『月刊ガバナンス』1月号 《連載》
「いい役所をつくろう! ~みんなが主役の自治体改善運動」
第10回 区役所サービスの向上における業務改善の取組み

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自治体改善マネジメント研究会で連載している『月刊ガバナンス』
1月号(ぎょうせい発行)の「いい役所をつくろう!~みんなが主
役の自治体改善運動」第10回は、川崎市の成沢重幸さんが、区役所
サービスは何のため、なぜ向上しなければいけないのかという疑問
を持ったところから、区役所サービス基準を設定し、PDCAサイクル
を通じて毎年向上目標に取組む仕組みづくりを行った事例をご紹介
しています。
改善はしているけれど、どうも活動がマンネリ化していると感じて
いる方、ぜひご一読ください。

▼『月刊ガバナンス』購読申込みはこちら
https://shop.gyosei.jp/products/detail/9292


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公務員の参謀交流会 in 関西

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

首長を支え、サポートする立場の参謀機能の実践と悩みについて、
経営幹部(副市長、区長、部門長、行革担当責任者等)の皆さまと
隔月に1回のペースで開催しています。
毎回メインスピーカーに情報提供いただきながら、それをもとに全
員で対話して、その意味を共有し、深め合っています。

●今回は、3月末で大阪市東淀川区長を卒業される金谷一郎さんか
ら、ご自身が職員から区長へ転身されたご経験と、今年度取り組ま
れた地域保健福祉計画策定の状況などについて伺いながら、ざっく
ばらんに意見交換できればと思います。

・日時:2017年3月27日(月)18:30~21:00 + 懇親会
・場所:スコラ・コンサルト大阪 うめぷちサロン
http://gyousei-design.jp/contact/

▼参謀交流会に関心のある方、参加ご希望の方は、
 下記フォームからお問合せください。
https://business.form-mailer.jp/fms/f391d39060329


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公務員の組織風土改革世話人交流会 in 神戸

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公務員としてよりよい仕事をしたいという思いを持つ人たちが集ま
り、お互いの思いや悩みを共有しながら、みずからチャレンジして
いる経験を聴き合って、組織風土改革の動きにつないでいくプロセ
スを一緒に考える対話の場です。
(公務員の有志が主体的に運営チームを結成して運営しています)

■概要■
------------------------------------------------------------
【日 時】 2017年5月13日(土)13:30~18:30 + 懇親会
         5月14日(日) 9:00~13:00(連続二日間)

【会 場】 ひょうご共済会館
     〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通4丁目17-13
      http://www.hk-kaikan.com/index.html

【定 員】 30名 (原則として2日間参加できる方に限ります)
【対 象】 公務員の皆様
【参加費】 3,000円/人(会場・資料代等 懇親会費は別途実費)
※宿泊先は、各自でご手配ください。神戸まつりの開催日程と重
 なっているため、早目のご予約をお勧めします。

▼お申込み・お問合せフォーム
https://business.form-mailer.jp/fms/bd83a09563021
※スコラ・コンサルトあてにお申込みをいただき、世話人交流会
 運営チームから後ほど連絡させていただきます。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

▼過去の交流会の情報はこちら
http://gyousei-design.jp/network/

【問合せ】 株式会社スコラ・コンサルト 担当:荻田
 TEL: 03-5420-6251


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールニュースは、株式会社スコラ・コンサルトにお問合せを
くださった皆さま、および柴田昌治や元吉由紀子の著書など出版物
等にご感想をお寄せくださった皆さま、プロセスデザイナーが名刺
交換をさせていただいた皆さま、公共組織に関係する皆さまへお届
けしています。


■配信停止はこちら
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=889&f=7&g=3&c=43291&code=82e354ba5d51fcbc7c6334ed0dfb890f

■メールアドレス等の変更はこちら
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=E1&a=889&m=3&g=3&c=43291&code=82e354ba5d51fcbc7c6334ed0dfb890f

●バックナンバーは下記サイトからご覧いただけます。
http://a04.hm-f.jp/cc.php?t=D55&a=889&c=43291&d=fd73

●お知り合いで、新たにこのメールニュースの配信を希望される方が
いらっしゃいましたら、下記をご紹介ください。
http://a04.hm-f.jp/cc.php?t=D9&a=889&c=43291&d=fd73

●メールニュースお申込み時にお知らせいただいたお客様の個人情報
は、弊社の提供するサービス・セミナー・出版物などをご案内する
目的にのみ利用させていただきます。

2017年2月2日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】株式会社スコラ・コンサルト 行政経営デザインラボ
    http://gyousei-design.jp/
    東京都品川区東五反田5-10-25 さいせい池田山ビル3階
    TEL:03-5420-6251
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録