187号:96%が創造シゴトをしていない!?

2017.04.07

風土改革、はじめの一歩はここから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Scholar Consult   Mail News
スコラ・コンサルト メールニュース 187号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもお読みくださり、ありがとうございます。

東京のソメイヨシノの満開宣言は4月2日でした。スコラ・コンサル
トが移転してまもない4月3日は、敷地内の桜も咲き始め、オフィス
では出張しているメンバーが各地の名産を持ち寄って盛大な桜の宴と
なりました。

花より団子は人間だけではありません。開花の少し前から近くの桜の
木にはスズメがやってきて、まだ堅い蕾をさかんについばんでいまし
た。それにとどまらず花が咲いたら咲いたで、満開の花をちぎっては
蜜を食べて投げ…を繰り返す“スズメの桜落とし”が続きます。

6階から見える桜はまだ七分咲き。お客様にも鳥たちにもしばらく楽
しんでいただけそうです。


●○ プロセスデザイナーコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

96%が創造シゴトをしていない!?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


自社の製品や自分の技術をよりよくすることで、エンジニアは、新しい
価値をつくり出すことができる。その自分たちの仕事の面白さ、自分自
身の可能性にもっと気づいてほしいと考え、去る3月4日「エンジニア
100人!Link」と名づけた大交流イベントを開催しました。


冒頭で、「あなたは仕事でクリエイティビティを発揮できていますか?」
と投げかけたところ、「はい」と手を挙げたのは80名中わずか3人! 
残りの全員、全体の96%が「いいえ」と答えました。

エンジニアとして「自分の技術がどう社会に役立つのか」と、少なから
ず考えているはずの彼らが仕事に創造性を感じていないというのは残念
でなりません。

今回の大交流会で若いエンジニアたちは何を感じたのでしょうか?


品質管理の女性は、異業種の先輩エンジニアから「品質を見ることがで
きるというのはスゴイことなんだよ」と言われて、モヤモヤしていた気
持ちが少し晴れた、と話してくれました。上司からは今まで一度もそん
なことを言われたことはなかったけど「違う会社の人から話を聞く機会
が貴重。自分のことがより見えるようになった」と。

設計担当のエンジニアは「何かしたら、そのフィードバックがもらえる
とすごくうれしい、頑張れる」と語ります。「褒めてほしい」という心
情的なことではなく、トライしたことに対して、フィードバックをもら
って、さらによくするためのアイデアや工夫につなげたいと。

日頃なかなか出会わない刺激とプラスのフィードバックに触れた参加者
たちは、楽しそうに目をキラキラさせています。ああ、エンジニアには
こういう機会が必要なんだなと現場で肌に感じるものがありました。


今回の試みは、まさに「実験場」です。

このために3カ月前から、当事者である若手エンジニア十数名の世話人
とともに試行錯誤しながら準備してきました。
彼らが描いたビジョンは「自分の技術を活かして、みんなで未来の社会
をもっと面白くする。自分ももっと面白くなる」

イマドキのエンジニアの求める価値がここにあります。


私たちが交流会でやってみたことは以下の3つです。

(1)日常と異なる「いいもの」に触れるために先輩エンジニアからフ
ラットに話を聞く(刺激がある)

(2)これまでの仕事の経験から、自分がワクワクする価値は何かを明
らかにする(自ら考える)

(3)将来やってみたい「Myテーマ」を、枠を外して自ら発信する
(未来を語る)

アンケートでは「日ごろ触れない刺激に触れた」「発見があった」人が
回答者の7割。ワクワクする未来を考え、発信できたのが面白かったと。


“自分の仕事を面白くするのは自分だ”という新たなルールのもと、新
鮮な目や耳を持ち、前提を疑う力に気づいた若手エンジニアは、あの場
で確かにクリエイティビティを発揮できていた、と感じています。

これからも、仕事で価値を生み出す創造性やエネルギーを自分の中に発
見できる場所として、エンジニアLinkを参加者とともに進化させていき
たいと考えています。


プロセスデザイナー 源明典子
http://www.scholar.co.jp/designer/detail.php?id=8


★エンジニアLinkでは、若手・中堅だけでなく、マネジメントメンバー
にも対象を広げて活動を続けていく予定です。

5月24日(水)は〈若手エンジニアLink交流会〉、6月14日(水)は
〈エンジニアLinkマネジメントラボ〉を実施します。
みなさんのご参加お待ちしています!

▼詳細・お申込みはこちら
http://www.scholar.co.jp/seminar/seminar_detail.php?id=34
http://www.scholar.co.jp/seminar/seminar_detail.php?id=29

▼エンジニアLink Facebook
https://www.facebook.com/engineerlink/



▼毎回のコラムをご覧いただけます
http://www.scholar.co.jp/column/



◆◇◆◇◆ 《定期》セミナー・勉強会・交流会のご案内 ◆◇◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■ 会社を変える、お客様を惹きつける力点を見つける
■■ 変化のための「一品」発見セミナー
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社員のエネルギーを引き出しながら、横断的なチームで「自慢の一品」
をつくる、立ち上がりの早い創造のプロセスをご紹介します。

・日 時:4月12日(水)14:00~18:00
・会 場:スコラ・コンサルト(東京・五反田)

▼詳細・お申込みはこちら
http://www.scholar.co.jp/seminar/seminar_detail.php?id=9


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■ オフサイトミーティングを学ぶ場
■■  ~理解と体験で現場に生かす
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オフサイトミーティングの話し合い方は、さまざまな課題への取り組み
にどう活用できるのか。


●本セミナーの骨子

1.オフサイトミーティングとは何か、ベースにある考え方を知る
2.オフサイトミーティングの企画と実施のポイントを知る
3.企業の事例や参加者の経験談から、自社での取組みのヒントを学ぶ
4.最初の一歩である「交流型」オフサイトミーティングを体験する


【大阪開催】

▼詳細・お申込みはこちら
http://www.scholar.co.jp/seminar/program_detail.php?id=27

・日 時:(1)4月14日(金)13:00~18:30
     (2)5月12日(金)13:00~18:30
----------------------------------------------------------------

【東京開催】

▼詳細・お申込みはこちら
http://www.scholar.co.jp/seminar/program_detail.php?id=24

・日 時:(1)4月19日(水)13:00~18:30
     (2)5月16日(火)13:00~18:30


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■ 風土改革の考え方、方法論、実践アプローチを学ぶ
■■ 企業風土改革〈実践〉講座
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実践を前提にした内容を学びながら自社の変革イメージがつくれます。

【大阪開催】
http://www.scholar.co.jp/seminar/seminar_detail.php?id=15

(連続2日間/3講座の構成です)

・日 時:4月24日(月)14:00~17:30 〈第1講〉   
     4月25日(火)10:00~17:30 〈第2講、第3講〉

----------------------------------------------------------------

【東京開催】
http://www.scholar.co.jp/seminar/seminar_detail.php?id=2

(連続2日間/3講座の構成です)

・日 時:5月23日(火)14:00~17:30 〈第1講〉
     5月24日(水)10:00~17:30 〈第2講、第3講〉


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■ スコラ・ダイアログ・ジム ~対話の技術~
■■ もっと楽に対話ができるようになるためのヒントがぎっしり  
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

仕事に必要な相手と創造的な話し合いができるようになることをめざす
1回4時間、全2回のセッションです。

「話しやすいベースをどうつくるか」「表面的にならずに真意をどう引
き出すか」というステップで、考え方・やり方を示し、実践練習を行な
います。

★新しい職場やチームでの話し合いにぜひお試しください。


【大阪開催】
http://www.scholar.co.jp/seminar/seminar_detail.php?id=33

・日 時:4月26日(水)13:30~18:00 〈第1回〉
     5月15日(月)13:30~18:00 〈第2回〉

※4月と5月の2回セットでのご参加がお勧めですが、各回のみの参加も
受け付けています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■ 〈中堅・中小〉マネジメント実践道場(全8回)
■■ 日々のいろいろなことを乗り越える「自分軸」をつくろう  
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会社の枠を超えて、ざっくばらんな雰囲気をつくることによって、自由
な対話を行います。
自分の信念に社長とお客様からの期待、会社の歴史を統合する「自分軸」
と「一品(得意技)」を仲間とともに定めます。
他社の社長や経営幹部との真剣な対話を通して、自分を磨きます。


★こんな方に最適です。

・自社の変革をリードしたい方
・かっこいい部長、課長、係長をめざしている方
・自分の未来と会社の将来をかけ算で考えたい方
・部下に将来像を示したい方
・他社の変革事例から学び、活用していきたい方
・時には社長とも対等な関係で仕事を進めたい方

・日 程:5月19日(金)スタート
     6/21・7/25・9/6・10/18・11/22・12/18・2018年1/17
・会 場:スコラ・コンサルト(五反田)

▼詳細・お申込みはこちら
http://www.scholar.co.jp/seminar/seminar_detail.php?id=18


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■スコラ・オープン・ライブ(SOL)
■■プロセスデザイナーの得意とこだわりを集めたミニセミナー
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SOL【1】経営課題解決のための組織風土改革

・担当者プロセスデザイナー:山科 雅弘

●概要
・企業が直面する「経営課題」の本質的な解決に「組織風土改革」が
 不可欠な理由
・「経営課題解決」のプロセスデザイン
・取組み事例

・日 程:5月10日(金)16:00~18:30 
・会 場:スコラ・コンサルト(五反田)

▼詳細・お申込みはこちら
http://www.scholar.co.jp/seminar/program_detail.php?id=22



●〇●〇●〇●〇●  記事掲載のお知らせ  ●〇●〇●〇●〇●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■風土改革の同時進行ドキュメント

柴田昌治の長期連載『日経情報ストラテジー2017年5月号』(3月29日発売)

「実録!沖縄ヤマト運輸風土改革の軌跡」

【第22回】センター長の姿勢転換とコールセンターの大躍進
      ~呼損率全国2位の成果をもたらしたもの


■プレジデントオンライン(全8回予定)

連載「最強の働き方」バイブル 
http://president.jp/category/c01915


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールニュースは、株式会社スコラ・コンサルトのプロセスデザ
イナーが名刺交換をさせていただいた皆様、柴田昌治の著書など出版
物に対してご感想をお寄せくださった皆様、お問合せをくださった皆
様にお送りしています。


■ 2017年4月7日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】株式会社スコラ・コンサルト 担当:谷田邦子
    東京都品川区東五反田5-25-19 東京デザインセンター 6F
    TEL:03-5420-6251  

【Web】http://a04.hm-f.jp/cc.php?t=M665750&c=43747&d=4cd4
【Facebook】http://a04.hm-f.jp/cc.php?t=M665751&c=43747&d=4cd4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録