スコラ・コンサルトは、プロセス型コンサルティングによる組織風土改革のパイオニアです。

03-5420-6251 ご相談窓口 平日9:30~18:00

メールニュース講読 お問合せ・ご相談

Q&A(2)

  • スコラ・コンサルトでは、各階層の上位者のスポンサーシップをどのようにして引き出していくのですか?
  • まずは、上司と部下の信頼関係を醸成し、部下の内発的動機が引き出されやすい環境条件(セーフティネット)をつくります。

「スポンサーシップ」の第一の機能は、組織の中で問題に気づいた人が「誰かが必ず協力してくれる」という安心感をもって「解決のために一歩を踏み出すこと」ができる環境(セーフティネット)をつくることです。上位者のスポンサーシップを引き出すために、まず、理解を促すことから始まります。

セーフティネットとは

メンバーが安心して新しいことに取り組める環境をつくる。内発的動機を喚起するための条件づくり。たとえば、変革の意思表明、話す「場」の確保、そのための時間の担保など。変革のステージによって、制度やシステムなどハードの見直しも含まれる。

スコラ・コンサルトのプロセスデザイナーがスポンサーシップをどのように引き出すのか、アプローチ例をご紹介します。

プロセスデザイナーがスポンサーシップを引き出すアプローチ例
●STEP1 内発的動機を引き出す重要性の理解
目的 【内発的動機の喚起】
マネジメント層がスポンサーシップを理解する
スコラの支援が提供する価値 (1)変革を推進するためにどうありたいか整理し、伝え、理解を促す
(2)そのうえで、マネジメント課題を明確にする
(3)具体的な「セーフティネット」づくりのために何を実行するかを明確にする
利用する手段例 ・トップの想いを聞くインタビュー
・役員オフサイトミーティング
・マネジメント層のオフサイトミーティング
・各階層の個別ミーティング
・トップの変革の意志と本気の表明
●STEP2 マネジメントのアプローチの転換
目的 【内発的動機が発揮できる環境づくり】
マネジメントメンバー同士の関係性を築き、職場におけるスポンサーシップ行動を促進する
スコラの支援が提供する価値 (1)マネジメントメンバーが学習できる場を提供し、相互の信頼関係を醸成する
(2)マネジメントメンバーの行動など、相互の気づきを促進する
(3)スポンサーシップ行動への知恵だしとアドバイス
利用する手段例 ・マネジメント層のオフサイトミーティング
・個別ミーティング
●STEP3 具体的なスポンサーシップ行動
目的 【内発的動機が行動に結びつくようなスポンサーシップの発揮】
マネジメント層とメンバーとの信頼と協働関係の構築
スコラの支援が提供する価値 (1)目的や思い、問題を共有する「場」から、上下の信頼関係を醸成していく
(2)組織課題を出していくためのプロセスを支援する
(3)課題解決に向けてのチームワークづくりを支援する
利用する手段例 ・オフサイトミーティング
・個別ミーティングとフィードバック
・チーム活動