スコラ・コンサルトは、プロセス型コンサルティングによる組織風土改革のパイオニアです。

03-5420-6251 ご相談窓口 平日9:30~18:00

メールニュース講読 お問合せ・ご相談

公開講演・セミナー実績


<事例発表>

2012年度OD Network  Japan 年次大会<テーマ:組織開発の可能性>

2012年6月3日(日)開催

「プロセスデザインの基本の「き」は"聴く”ことにあり」

担当プロセスデザイナー:高木穣  野口正明

 

<学会出講>

経営行動科学学会 第14回年次大会

2011年11月26日(土)~27日(日)開催

「事業仕分けは地方自治体職員の意識を変えるのか?
~『対話型』事業仕分けが職員意識の改革に与える影響について~」

宮入 小夜子 (日本橋学館大学/スコラ・コンサルトパートナー)

 

「経営ビジョンの意味づけを促進する組織学習の研究」

源明典子(株式会社スコラ・コンサルト)

 

<学会出講>

第25回 自治体学会

2011年10月9日開催

「地方分権時代の行政組織の変革とリーダーシップ
 〜行政組織(役所)風土と職員意識改革の実現を目指して〜

パネリスト(順不同敬称略)

  • 小山 巧(三重県南伊勢町長)
  • 宮入小夜子(日本橋学館大学リベラルアーツ学部教授/スコラ・コンサルト パートナー)
  • 元吉由紀子(スコラ・コンサルト プロセスデザイナー)

コーディネーター

  • 村林 守(三重中京大学現代法経学部教授)

 

<後援セミナー>

Innovation Management 2011変わるか、滅びるか ~イノベーションを興す3つの視点【変革Case3】事業力の視点から ~未来を描き実行する力 

2011年9月15日(木)開催/主催:ビジネス・フォーラム事務局

◆<基調講演>
「風土改革がもたらすヨコ型変化のイノベーション~常識変化と事業価値創造のプロセス」 
株式会社スコラ・コンサルト プロセスデザイナー 岡村衡一郎

◆<特別講演>
「絶対不可能を可能にして変化の先頭に立つ~見えざるイノベーションの新領域」
株式会社ゴールドライツ 代表取締役/株式会社スコラ・コンサルト 相談役 金田秀治

◆<ショートセッション(1)>
「イノベーションの“卵”をいかに見つけるか~カオスと秩序のバランスマネジメント」 
元キヤノン株式会社 材料技術研究所所長 村井啓一氏 

◆<ショートセッション(2)>
「将来の多軸創出のために! ~研究開発の進め方とリーダー育成」 
日東電工株式会社 取締役 上席執行役員 全社技術部門長 CTO 表 利彦氏

◆<パネルディスカッション>
「未来を描き実行する力の醸成」
パネラー:村井啓一氏、表 利彦氏
モデレーター:株式会社スコラ・コンサルト プロセスデザイナー 源明典子

 

<出講セミナー>

「ヒューマン・キャピタル2011」

2011年7月6日(水)~7月8日(金)開催/主催・日経BP社

ブース展示およびワークショップ講演を通じて、
人と事業のポテンシャルを高める独自の変革アプローチをご紹介。

◆ワークショップ講演
リアルな事業を材料にした実践型ビジネスリーダーの育成
~「研修」を「研修」で終わらせない~
株式会社スコラ・コンサルト プロセスデザイナー 野口正明

ビジョンを自分のものにして実践する
~コア人材が未来に向けてチャレンジできる風土創り~
株式会社スコラ・コンサルト プロセスデザイナー 髙橋秀紀

◆シアター講演
10日間で風土改革~研修枠を活用したミニマム変革のご紹介~
株式会社スコラ・コンサルト プロセスデザイナー 簑原麻穂

 

<学会出講>

「経営行動科学学会 第13回年次大会」

2010年11月13日(土)開催

◆パネルディスカッション

「地域ビジョン実現のための行政組織の変革とリーダーシップ」
〜行政組織(役所)風土と職員意識を変えるものは何か?〜

パネラー(順不同敬称略)

南伊勢町長

小山 巧

三重中京大学現代法経学部教授

村林 守

株式会社スコラ・コンサルト

元吉 由紀子

日本橋学館大学リベラルアーツ学部教授
(スコラ・コンサルトパートナー)

宮入 小夜子

※このパネルディスカッションの記録は、経営行動科学学会の学会誌「平成23年8月第24巻第2号」に掲載されました。

 

<出講セミナー>

「HRD Japan30th Anniversary」

2010年9月8日(水)~9月10日(金)開催/主催・日本能率協会

日々の業務の現場でメンバーの自発的な協働が生まれる環境づくりと、その中で人が育っていく実践的な人材育成のアプローチを、企業の取組み実例とともにご紹介します。

◆プレゼンテーションセミナー講演
変化の中で人を育てる~正解のない時代の人材育成パラダイム
株式会社スコラ・コンサルト プロセスデザイナー 水迫洋子

 

<出講セミナー>

「ヒューマン・キャピタル2010」

2010年7月7日~9日開催/主催・日経BP社

ブース展示およびワークショップ講演を通じて、組織の対話力、考える力、信頼関係、創造的生産性を高める「オフサイトミーティング」を活用した研修プログラムや課題の取組みをご提案。

◆ワークショップ講演
「未来を創造するオフサイトミーティング」
~ローコストで好付加価値を生むチームをつくる~
株式会社スコラ・コンサルト プロセスデザイナー 東條茂樹

「未来を創造するオフサイトミーティング」
~主体的に考え行動する風土と仕掛けとは~
株式会社スコラ・コンサルト プロセスデザイナー 木原玲子

 

<後援セミナー>

イノベーション・マネジメント2010
新しい「技術」「事業」そして「市場」を創造する経営
【第1回】イノベーションを紡ぎ出す仕掛けと風土づくり

2010年5月27日開催/主催:ビジネス・フォーラム事務局

◆基調講演
「何がイノベーションを阻害するのか」~これからの変革リーダーに伝えたいこと
株式会社スコラ・コンサルト プロセスデザイナー 源明典子

◆事例講演(1)
「日立にみる新事業開発マネジメントの実践」
株式会社日立製作所 新事業開発本部
オープン・イノベーションセンタ長 広瀬 正氏

◆事例講演(2)
「研究開発自前主義からの脱出」
~資生堂にみるオープンイノベーション・マネジメント
株式会社資生堂 執行役員 西山聖二氏

◆特別講演 エアバック開発者が語る
“本田宗一郎とイノベーション・マネジメント”
元本田技研工業株式会社 経営企画部長
中央大学大学院 経営戦略研究科 客員教授 小林三郎氏

◆対談(小林三郎氏×源明典子)
「イノベーションは風土づくりから」



■ <公開セミナー スコラ式風土改革シリーズ2008>
ビジョン・方針を自分のものにして実行するプロセスをつくる

~意味・目的を考え抜くことで当事者になる~

   【東京】2008年9月18日(木)/大手町サンケイプラザ
【大阪】2008年10月2日(木)/第二吉本ビルディング


◆第1部
1.ビジョン・方針は、なぜ意図したように実行されないのか
プロセスデザイナー 長野恭彦

2. 《事例》 ビジョン・方針を「自分の言葉・自分の仕事にする」プロセス
~経営層、部門、個人へのアプローチ
(1) 思いを言葉にして一緒に“意味”を考えるプロセス
プロセスデザイナー 山科雅弘
(2) 部門方針を自分のものにして実現するプロセス
プロセスデザイナー 三好博幸
(3) ビジョンの理解と浸透のプロセス
プロセスデザイナー 山科雅弘

◆第2部
組織風土改革のキーワードは「対応力」
代表 柴田昌治



■ <公開セミナー スコラ式風土改革シリーズ>
なぜ社員はやる気をなくしているのか

働きがいはどこから来るのか。“持続的モチベーション”を生み出す価値観と変革のプロセス

 ( 【東京】2007年8月2日、9月12日/ホテルフロラシオン青山 【名古屋】8月3日/ミッドランドホール
  【大阪】2007年9月7日/ハートンホール)

◆「働きがいを生むスポンサーシップ」
株式会社スコラ・コンサルト代表 柴田昌治
◆変革事例紹介
【事例1】旅行代理業事例 ◎現場の自発性を引き出す条件と仕組み
「不信・不満の状況から“やる気”に火がつくまでのプロセス」
プロセスデザイナー 刀祢館ひろみ、若山 修
【事例2】流通業事例 ◎スタッフ部門のマネジメント変革
「人が辞めていく組織から、自ら戦略をもって採用する組織へ」
プロセスデザイナー 山本洋子、野口正明
【事例3】金融サービス業事例 ◎スポンサーシップの醸成と発揮
「顧客本位をめざすトップのジレンマと忍耐」 プロセスデザイナー 木原玲子
【事例4】中堅・中小企業事例 ◎収益と社員の働きがいを実現する風土改革
「社長と一緒に会社のことを“真剣に”考える社員をつくる」
プロセスデザイナー 岡村衡一郎、高橋秀紀



■ 『どうすれば役所は変われるのか』セミナー
2007年11月~2008年2月の期間、複数個所で開催

プロセスデザイナー・元吉由紀子の著書『〈スコラ式風土改革〉どうすれば役所は変われるのか』(日本経済新聞出版社)の読者である公務員の方々からのご要望をきっかけに実施したセミナー。ご要望のあった自治体や団体の公務員の方々のご協力を得ながら、プロセスデザイナーの元吉由紀子が各自治体等へお伺いし、講演会+対話会の構成で開催。

【セミナーテーマ】※自治体のご要望に応じ決定
(1)「組織風土改革の基礎的な要件づくりについて」(参照:著書1~2章)
(2)「身近な職場での風土改革の進め方について」(参照:著書3章)
(3)「部署間を連携した政策価値向上の取り組みについて」(参照:著書4~5章)
(4)「改革を支援するスタッフ部門の役割について」(参照:著書1、6章)

【セミナー体験記】
沖縄自治体職員ネットワーク(通称:いちゃりば)(2008年6月)
大分県大分県庁:有志準備メンバー(2008年5月)
滋賀県副知事:澤田史朗さん(2008年5月)
福岡県大野城市:山崎栄子さん(2008年3月)
福岡県市町村職員研修所:武田由香さん(2008年3月)
北九州市:フロッグ北Qさん(2008年3月)
広島県廿日市市:川本達志さん(2008年2月)
農林水産省大臣官房経理課:福井逸人さん(2008年1月)
佐渡市役所:参加者一同(2008年1月)



■ <変革 経営者アカデミー スポンサーシップ・セッション 公開セミナー>
スポンサーシップ経営 ~社員を主役にする新しいトップダウンのかたちとは~
 (【東京】2005年9月14日/ホテルフロラシオン青山 【名古屋】9月20日/プリンセスガーデンホテル)


◆パネル討論&対話セッション「自分で考えて動く自律的な社員を本気で育てる」
スコラ・コンサルト代表 柴田昌治
株式会社 ISOWA社長 磯輪 英之氏
◆テーマ・セッション「どういう組織をめざすのか、そのためにトップは何をするのか」
スポンサーシップ=「トップは何をすればよいのか、何をしてはいけないのか」
プロセスデザイナー 遠藤咲子
風土改革=「安心・信頼・課題解決のプロセス」プロセスデザイナー 岡村衡一郎
参謀機能=「参謀役の見つけ方、動き方」プロセスデザイナー 高木穣



■ <企業風土改革シンポジウム2005>
 風土改革のメカニズムと実践のフレーム ~目に見えない風土をどう変えていくのか~
 (【大阪】2005年6月24日/ハートンホール 【東京】6月28日/ホテルフロラシオン青山)

◆「変革の組織観とスポンサーシップ」スコラ・コンサルト代表 柴田昌治
◆「風土改革のフレームワークとダイナミズムを生み出す構造」プロセスデザイナー 三好博幸
◆テーマ・セッション
「顧客本位の風土づくり」プロセスデザイナー/ 山科雅弘、岡村衡一郎、根田美紀
「ビジョン・方針の明確化と浸透」プロセスデザイナー/ 源明典子、北川竜也、岡村衡一郎
「自律的な個人を育てる環境づくり」プロセスデザイナー/ 三好博幸、元吉由紀子、山本洋子、高橋秀紀
「合併組織(M&A後)の一体感づくり」プロセスデザイナー/ 地上玲子、石原正博
「設計・開発・製造の連携によるモノづくり」プロセスデザイナー/ 手塚利男、高橋真二
「中小企業の風土改革」プロセスデザイナー/ 高木穣、高橋秀紀、遠藤咲子



■ 変革当事者が語る<企業風土改革シンポジウム2004>
変わり続ける組織をつくる3つのドライバー

(2004年11月12日/青山ダイヤモンドホール)

◆「何が変革の失敗と成功を分けるのか」プロセスデザイナー 荻阪哲雄
◆「自立的な個を育て、勝ち続けるチームをつくる」神戸製鋼ラグビー部GM平尾誠二氏、プロセスデザイナー 柴田昌治
◆「『顧客重視の営業』への転換を加速するスポンサーシップ」自動車販売会社 
◆「生産システム改革を支え、発展させ続けるコアネットワーク」半導体製造装置メーカー



■ モチベーション・マネジメント2004
第4回「プロジェクトチームによる意識改革と企業変革」
(2004年3月18日/東京會舘レベル21)


◆基調講演「コアネットワークによる企業変革」プロセスデザイナー 長野恭彦



■ 創造的課題解決シリーズ2
<人事・企画部門のミッション再構築> 組織のOSをどう変えるか
(2003年3月4日/大手町サンケイプラザ)


◆「OSを変えなければ組織は変わらない」プロセスデザイナー 三好博幸
◆「キャリアカウンセリングとプロセスデザイン~個人を通じて組織の成長を支援する」プロセスデザイナー 香本裕世



■ 創造的課題解決シリーズ1
<技術・開発部門のためのプロジェクト成功の仕組み>
~知恵を生かす・チーム力を高める・成功を再生産する~
(2002年11月29日/大手町サンケイプラザ)


◆基調講演「日本式変革への提言」 プロセスデザイナー 柴田昌治
◆「技術・開発部門の体質レベルを上げる~『指示・命令で動く』から『自律的に考え動く』へ」プロセスデザイナー 長野恭彦
◆「なぜプロジェクトは成功しないのか~成功を再生産するマネージメントの法則」プロセスデザイナー 近藤哲生