スコラ・コンサルトは、プロセス型コンサルティングによる組織風土改革のパイオニアです。

03-5420-6251 ご相談窓口 平日9:30~18:00

メールニュース講読 お問合せ・ご相談

【大阪】スコラ・ダイアログ・ジム ~対話の技術~

開催日時:2017年4月26日(水)13:30~17:30

【大阪】スコラ・ダイアログ・ジム ~対話の技術~
対話力は自分の話し方を自覚することによって、日々進歩します。
上手なテクニックを身につけることも有効ですが、自分の対話を客観的に分析し、修正していく力をつけることが抜本的にご自身の対話を進化させる道です。
本プログラムでは、毎回のテーマに基づいて対話のメカニズムを解説し、自分の対話を自覚的にコントロールできる力を身につけていただきます。

仕事に必要な相手と創造的な話し合いができるようになることをめざす1回4時間、全2回のセッションです。
「話しやすいベースをどうつくるか」「表面的にならずに真意をどう引き出すか」というステップで、考え方・やり方を示し、実践練習を行ないます。
新しい職場やチームでの話し合いにぜひお試しください。
場所 スコラ・コンサルト 梅田ブランチ
大阪府大阪市西区江戸堀1-10-2 肥後橋ニッタイビル9階
◆会場へのアクセスはこちら
定員 8名(最小催行人数3名)
費用 全2回セット 15,000円(税込)/各回参加 10,000円(税込)
※2回セットでのお申込みの方がお勧めですが、各回のみの参加でもお申込みいただけます。

詳細

仕事に必要な相手と創造的な話し合いができるようになることをめざす1回4時間、全2回のセッションです。
「話しやすいベースをどうつくるか」「表面的にならずに真意をどう引き出すか」というステップで、考え方・やり方を示し、実践練習を行ないます。
新しい職場やチームでの話し合いにぜひお試しください。

こんな方にオススメ

  • 対話を客観的にみて把握し、さらに実践力を身につけたい方
  • 対話をあらためて学習することで他者に関われる、教えられるようになりたい方
  • メンバーと関わるベースの知識・能力をつけたい方
  • 対話が苦手なまわりのメンバーにうまく働きかけられるようになりたい方
  • 自分の意図していることを上位の人にうまく伝えたいと思っている方
  • 相手や周りの人の発言をもっと引き出したいと思っている方 

 

メニュー

タイトル 【第1回】 話しやすい関係をつくる
日時  4月26日(水)13:30~17:30

1.対話を分析する眼を養う(交流分析)

人と円滑に対話を行うためには、まず「話しやすい関係」をつくることが大切です。 第1回は対話を分析的に観る目を養いながら、相手と早い段階に「話しやすい関係」をつくる方法を身につけていきます。

・対話の3段階
・交流分析:5つのモード(自我状態)で、自己を振り返る
・職場にありがちな、やりとりのパターン例
・モード切り替えで対話を良くする
・自分のモードを調節する練習

 

2.受容的な姿勢をつくるための実践法を学ぶ(ストローク)

相手の話を評価せずに「受容的」に聞くことが対話の土台になります。しかし、そこにマイナスの感情があると、相手の話を受けとめられません。相手も自分もより受容的になれるヒントを学んでいただきます。

・相手が元気になる対話
・ストローク理論と自己分析
・職場にプラスストロークを増やすために
・プラスストロークの練習
・自分のマイナスストロークを減らすために

【第2回】

タイトル

【第2回】一緒に考える対話のやり方を学ぶ

日時

 5月15日(月)13:30~17:30

1.対立を越えるための質問のやりかたを学ぶ

対話はお互いの話を聞き合いながら、新しい解を見つけるためのものです。しかし、現実の職場で異なる意見がぶつかり合うと、「勝ち負け」の議論になることが多いようです。新たな認識を得るための、質問の仕方を練習していただきます。
・対話の進展の4象限
・「推論のはしご」
・意見を掘り下げる「背景質問」
・思いを引き出す「未来質問」
・本当のことを語りあう工夫「フィードバック質問」
・感情の偏りを修正するための視点

 

2.創造的な対話を生み出す

質問と主張のバランスをとりながら、未知の答えを見つけるための対話の方法を学びます。

・探求する力を高める「あり方」をつくる

「問い」の設定の仕方
・主張と探求のバランスのとり方
・創造的な解を生み出すプロセスをつくる感覚を磨く

日程

(1) 2017年4月26日(水)13:30~17:30
(2) 2017年5月15日(月)13:30~17:30

お申込みはこちら