大きな変革の小さな一歩

大きな変革の小さな一歩

内田 拓 | 2015.06.01

  • Facebook
  • Twitter

ビリビリビリ…。

その瞬間、明らかに私のスーツのズボンのお尻の部分が破けたことがわかりました。
支援先の沖縄ヤマト運輸さんで先日、セールスドライバーさんの横に同乗して配達と集荷のお手伝いをしていたときのことです。

現場の方々の生の声を聞くことが目的だったのに、荷降ろしの作業は想像以上にハードで、もうそれどころではなくなるぐらい筋肉のほうを酷使してしまいました。
 
沖縄ヤマト運輸本社の教育専任者に近井美奈子さんという方がいます。
この日は近井さんと一緒に支店・センターを回りましたが、どこへ行っても目にする光景は同じでした。
「近井さんが来ると、支店・センターの人たちの目が明らかに輝く」のです。

近井さんはいつもニコニコしながら、「最近どう?」と一人ずつに声をかけて回ります。話しかけられたセールスドライバーさんたちも嬉しそうです。ふとしたタイミングを見ては、「この前の○○どうなった?」と話しかけるのですが、これは一人ひとりの近況を把握していないとできないことです。

「私、こないだこんなことしちゃったからねぇ」とプライベートの失敗談をしたり、「おかえり~」「行ってらっしゃい」と優しく声かけをするたびに、こわばっていた場の空気がどんどん和らいでいくのがわかります。
「なぜ近井さんはそんなことできるんですか?」と聞くと、「みんなを自分の家族みたいに思ってるんです」という答えが返ってきました。


ありたい姿に向かって進むにあたり、現場はチームになる必要があります。
しかし、「そもそもお互いの仕事内容に興味がない」「担当同士の間に壁がある」「報告はするけど相談はしない」といった話は、 どの会社の職場でもよく聞きます。
 
現場を回る近井さんを見ながら、私の頭の中をグルグルめぐってい たのは「チームになることを難しく考えすぎていないだろうか。もしかしたら意外に、もっとシンプルなことなんじゃないだろうか?」という思いでした。
 
「変革」などと大上段に構えなくても、分析的なスキルを駆使しなくても、周りの人に興味を持つ、気軽に声をかけてみる、少しだけ自分をさらけ出してみるなど、小さく小さく行動を始めてみることが、じつは本当に大切なことなのではないでしょうか。

著者プロフィール

内田 拓

内田 拓

TAKU UCHIDA

「人としっかり関わることと仕事の意味を考えることで幸せを感じられる働きかた」をつくり続けていきたいと考えている。

関連セミナー

【東京】企業風土改革〈実践〉講座 連続2日間

【東京】企業風土改革〈実践〉講座 連続2日間

開催日時
2018年5月23日(水)- 5月24日(木)

スコラ式風土改革の概論から実例までの内容を2日間の3講座に凝縮。 実践を前提にした内容が中心で、自社の変革イメージがつくれます。 ★2018年から第3講の内容を変更しました

詳細・お申込み

RANKING

CATEGORY

PROCESS DESIGNER

ARCHIVE

組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録