スコラ・コンサルトは、プロセス型コンサルティングによる組織風土改革のパイオニアです。

03-5420-6251 ご相談窓口 平日9:30~18:00

メールニュース講読 お問合せ・ご相談

組織風土の日

11月20日は「組織風土の日」です。
※一般社団法人日本記念日協会・認定

組織風土改革のパイオニアとして30年の節目を迎えたスコラ・コンサルトが、広く社会への呼びかけとして2016年に制定しました。

 

組織風土の日 ―日本記念日協会の由来文より

「企業風土改革」を専業とするコンサルティング会社の株式会社スコラ・コンサルトが制定。
「組織の風土・体質」に広く理解と関心を持ち、年に一度は自分たちの組織風土をメンテナンスすることを習慣にしてもらうのが目的。日付は11と20で「いい(11)風土(20)」と読む語呂合わせから。
同社は2016年に設立30周年。

  

「組織風土の日」に寄せて

 

企業不祥事や事故、働き方ストレスやメンタルなどの問題が起こるたびに指摘される、組織の風土・体質問題。人を通じて全体に及び、集団の動きを左右する「目に見えない作用」は、組織にいる誰もが無関係ではありません。

そこにいる人たちが「なにか、おかしい」と、日頃からモヤモヤするものを感じていながら、しかし、目に見えにくく正体が特定しにくい組織風土の問題は手つかずのままになりがちです。

歴史を重ね、変化する環境を受け入れながら世代を継いでいく企業や機関には、つねに安定・硬直化しようとする組織の内側に目を向けて、人びとによる相互の力で、いきいきと創造的な環境をつくり続けることが必要です。

 

スコラ・コンサルトは、30年以上の実績を持つ組織風土改革のトップブランドです。2016年の30周年を機に、企業をはじめ広く社会の方々にも「組織風土」に対する理解と関心を高めてもらい、年に1度は、自組織をメンテナンスすることを習慣にしてほしいと思い、「組織風土の日」を制定しました。

企業のような近代的な組織にも、日本ならでは、その組織ならではの個性あふれる風土があります。目に見えにくいそれは良くも悪くも、組織・集団の生き方や行く末を左右する最大の未知数です。
人々の意欲や努力がよりよく育って組織され、みんなの夢や希望に通じるように。その喜びの手ごたえが、苦難や逆境を乗り越える革新へと循環していくように。

 

あきらめは、世の中を冷たくします。

スコラ・コンサルトは、そこにいる人たちが“我がこと”として考え、力を合わせて豊かな実りや新たな成長の種を育てることができる、そんな組織のあり方や生き方が、集団の生産や創造の営みに価値を吹き込むものだと考えています。