代表メッセージ|スコラ・コンサルト

自ら揺らぎをつくって変わり続ける会社に

スコラ・コンサルト代表取締役 簑原 麻穂

スコラ・コンサルトは今年で創業35年を迎えました。私たちは、日本という国を、みんなが本当の意味で幸せに暮らせる、人間らしく生きることができる国にしたい、という創業の想いをビジネスの原点にしています。その実現のために、人の成長と事業の成長を分離させず、人間の根本にある発意のエネルギーを起点に、リアリティにもとづく変革の方法論をもって、多くの企業の皆さまと一緒に改革に取り組んできました。

これからの時代は、楽しさややりがい、充足感がエンジンになって世の中を回す、“豊かさ”がカギになります。その一方で、今日の企業経営は、予期せぬ環境変化とともにあります。変動する経営環境を進化のターニングポイントと捉え、今、創業の原点をかみしめながら私たちもまた新たな挑戦ステージを迎えています。

正解のない中、経営は答えを出していかなければなりません。私たちは、異なる強みを持つ企業との提携や連携で得る新たな力と、支援を通じて培われた実践者のネットワークと具体的な実践論、そして、全員参画経営による私たちのチーム力を通じて、これからも企業の皆さまとともに、進化を促進し、最適解を創り続ける身近なパートナーであり続けたいと思っています。

私たちはこういう存在でありたい

プロセスデザイナー代表 柴田 昌治

私たちスコラ・コンサルトがその使命としているのは、第一に、組織の中で働く人間が自ら働きがいをもって仕事ができる環境をつくることのサポートです。二つ目は、その組織が社会的な使命を果たすこと(組織が会社である場合は、業績を良くすること)のサポートです。

「組織の風土や体質を変えていく」というのは、言い換えれば、お互いに協力し合いながら仕事をしていくのが当たり前の環境をつくることです。そして、その結果として業績も上がってくるのです。

まだまだ世の中には、働きがいとは無縁の仕事をしている人が圧倒的に多いのが現実です。働きがいをもつなど甘いことを言っていると儲からない、と本気で信じている人は少なくありません。

この現実を打開するには、“そうではない”という事実を積み上げることが一番です。そして、それが社会的に一定の割合に達したとき、働きがいをもって仕事をしていないことが異常、と言われるときがくるのだと思います。

私たちスコラ・コンサルトはそのときまで、一歩一歩、働きがいと企業の業績の双方を実現し続けていきたいと考えています。

組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録