スコラ・コンサルトは、プロセス型コンサルティングによる組織風土改革のパイオニアです。

03-5420-6251 ご相談窓口 平日9:30~18:00

メールニュース講読 お問合せ・ご相談

エンジニア活性化育成プログラム

 

研究・開発者や技術者が、もっとクリエイティブに!
自らモチベーションを持って取り組んで欲しい!


未来を切り拓くための自社の課題やテーマにイキイキとチャレンジする、仕事の面白さをもっと体感する。そんな若手・中堅エンジニアが増えることによって、日本のものづくりはもっと元気になると考えています。
エンジニアの「モチベーションづくり」、「クリエイティビティの発揮」、「新たなチャレンジ」を支援するプログラムです。

 

よく聞く「エンジニア職場の部門長・マネジャーの悩み」

  • 新しいコトにトライするモチベーションや動きがメンバーに見えない。
  • イノベーションや改善のための新しい枠組み・しくみをつくったが、うまく活用できていない。
  • 上司からテーマを与えることが多く、部下からのボトムアップがない。
  • 従来ない発想や新しいアイデアの提案が、若手から出てこない。
  • 部門を超えたやりとりや話し合いの機会が若手には、あまりない。
  • とにかく発言が少なく、何を考えているかよくわからない。受け身に見える。
  • マネジャー自身もプレイヤーにならざるを得ず、部下のフォローに手が回らない。

 

「若手・中堅エンジニアの生の声」

新たな「もの」・「コト」に取り組むときのネックを、どう感じていますか?

  • 自分の知識や技術にそれほど自信が持てず、動きだせない。
    「先輩や上司ほど経験もないし・・・」
  • 自分が仕事の中で、果たしている役割や強みがよく分からない。
    「部分では分かるが、全体の中で何に貢献しているか見えにくい・・・」
  • 自ら仕事の中で新しい課題を創出した経験がない。
    「業務の課題を与えられるので考える必要がない、期待されていると感じない」
  • 会社が何を目指しているか、実はよく分かっていない。
    「会社方針(言葉)は知ってはいるが、自分の仕事との繋がりは感じにくい」
  • 何かやる時、上司が協力してくれるか不安
    「上司も忙しそう・・・」

 

コンセプト

エンジニアがやる気スイッチONになる、チャレンジするテーマを自ら設定するため

このプログラムでは、自分およびチームメンバーのモノ・コトへの「思い」を深めながら、相互に刺激しあい、自ら動きたい、やってみようと思う【スイッチON】になるテーマを考え、アウトプットします。
また、戻った職場でやる気スイッチを【OFF】にしないためのマネジャーの支援行動も同時に形成、「クリエイティビティの発揮」、「モチベーションづくり」、「新しいチャレンジ」を促進します。

特徴

  • 自分自身のモチベーションの源泉をみつける
    ~エンジニア魂、価値観や思いをチームで発掘
  • 前向きな思考をつくる
    ~無理という気持ちやあきらめを打破する思考レッスン
  • 今まで気づかなかった常識を超えたテーマを見つける
    ~いろんな思い込みをはずし自らのテーマを創出
  • 行動を生み出すためのコンセプトを決める
    ~仕事とテーマを別モノにしないで活動する
  • マネジャーのサポートで、モチベーションをキープする
    ~メンバーのやる気スイッチをOFFにしない

 

プログラム概要

<インスパイア コース>

A

仲間と共にやる気スイッチを見つける
モチベーションの源泉をみつける~自分の思いを発見する~

■ワンダLinkワークショップ<2日間コース>
1.チームづくり/2.「自分の思いを見つけよう」/3.アイデアを出し合う/4.自分の思いと仕事のテーマ

B

スイッチON イノベーティブなテーマをつくる
前向きな思考をつくる~面白いと思うテーマを自らつくる~

■ありたい姿ワークショップ<2日間コース>
1.思考の制約はずし:思考の扉をひらく~水平思考など/2.ワクワクする未来×現状の課題

※オプション:フィールドワーク

C

まずやってみるシナリオをつくる
主体的なアクションを起こす~行動に踏み出せるシナリオを描く~

■実現のコンセプトづくり<1日コース>
1.実行のシナリオを描く:シナリオプランニング

 

<インスパイア コース>

D

トライする部下を支援する
やる気スイッチをOFFにしない~支援する対話と伴走力をつける~

■トライを支援するワークショップ<2日間コース>

  1. マネジメントの伴走のしかた
  2. 部下との対話の場づくり方法、アドバイスのしかた
  3. 部下が考えるための問いの立て方
  4. 出来たこと、出来ないことから気づきを見つけて次の課題づくり

■ご相談・お問合せ
お電話でのお問合せ TEL:03-5420-6251

フォームからのお問合せ

問合せ