ウェビニケーション講座|スコラ・コンサルト

ウェビニケーション講座
テレワークでも触発し、新しいアイデア生み出すWEBコミュニケーション術

テレワークが普及し始めた数年前から、急激にオンライン環境に移行する企業が増えてきた今日まで、当社は数多くの企業とテレワーク下におけるコミュニケーションのあり方を模索し実践してまいりました。
その結果、多くの企業でコミュニケーション不全が起きている現状が明らかになってきました。

特に、WEB会議システムを活用したコミュニケーションは、単につながらない、話しにくいなどの表面的な課題だけではなく、「企業の付加価値を高めるために必要なコミュニケーション」の品質そのものを低下させてしまうという、根本的な課題があることがわかってきました。
WEBを活用したコミュニケーションでは、すでに決まっていることを一方向に伝達するには最適である一方で、双方向や付加価値の高いアウトプットのためのコミュニケーションを実現するにはさまざまな課題があるのです。

当サービスは、年単位の取り組みが想定されるWithコロナ、Afterコロナ時代の新しい働きかたを継続していくことが求められる中、付加価値を求められる今のビジネスシーンにおいて、本当に戦いうるコミュニケーションツールとしてWEB会議を活用していくための企業向け講座です。

組織において緊急かつ重要な問題になりつつあるWEB環境下でのコミュニケーション課題を、WEB環境の「準備」はもちろん、日常業務の品質を維持するための「対話の機会づくり」や、企業の未来の価値を高める創造的な「対話の内容」にまで一社一社踏み込んで解決をサポートします。

テレワークやWEB会議でよく聞くお悩み

・会議の内容についていけないが、聞き返しにくい確認しにくい雰囲気
・発言後の場の空気がつかめない、読みにくい
・意見を言いたいが、話しだすタイミングが難しい
・聞こえていないのか、聞こえていて反応しないのかがわかりにくい
・上司部下間の対話で話しにくさを感じる
・一問一答になってしまい、闊達な議論になりにくい
・会議が必要最低限な情報や確認事項の共有だけになってしまう
・微妙なニュアンスやなんとなくのイメージ・意見が伝わらない
・「なにか意見がありますか?」と聞いても意見が出にくい

これらを解決するには、今までのリアルな場だからこそ成立していたコミュニケーションのあり方をそのままWEB環境に持ち込むのではなく、WEB環境のメリット・デメリットを適切に踏まえ、意図的に「組織のコミュニケーション・リテラシー」をアップデートさせていくことが必要なのです。

考え方の軸となるコミュニケーションレベル

この講座では、実務を伴うコミュニケーションを以下のようなレベル表で現状を認識し、コミュニケーション課題を顕在化させます。そのうえで、段階に応じて解決していくスキルやナレッジをお伝えし、実践を支援していきます。

このレベル表は過去34年、1000社以上の組織現場を支援した経験や、「オフサイトミーティング®」で「ビジネスにおける本音の対話」の場を15万回以上コーディネートしてきた経験をもとに開発され、レベル3以上では、対面で会えないから「仕方なくWEB」ではなく、WEBでも対面と同等以上の創造的な話し合いが可能になると考えています。そのことは組織全体の「コミュニケーション・リテラシー向上」にもつながり、対面においても、より創造的なコミュニケーションを可能にしていくことにつながっていきます。



レベル1(環境や準備)におけるチェックポイント

WEB会議がリアルと同等の「ベース」になっているか? チェックポイント 例

□ 自宅の回線速度を知らない。音声や映像が止まる。
□ 回線にトラブルがあった場合のバックアップ準備がでていていない。
□ 会議室の板書のように参加者が双方向で書き込める方法を知らない。

上記3つに1つでもチェックが入る場合、リアルと比較し、一定のコミュニケーション機会損失が起きていると考えられます。

 レベル2・3(コミュニケーションの量と質)におけるチェックポイント

急激に進むテレワーク化の影響で、生産性や一体感を下支えする雑談や同僚との相談、愚痴や不満といったインフォーマルなコミュニケーションの絶対量が不足しており、手戻りが増えることによる生産性の低下や、付加価値の高い仕事を生み出すコミュニケーションが取りにくくなっているという現状がみられます。

私たちが企業の現場で捉えているWEBコミュニケーションが及ぼす本当の問題は、オンライン環境下では(オフライン環境に比べて)企業の一体感や付加価値を高めるようなコミュニケーションの量・質が相当に低下する、ということです。
テレワークの継続していくには、これらを正しく理解し、改善していくことが大事だと私たちは考えます。


講座の進め方

一般的な情報やナレッジ・他社の成功事例を持ち込むだけでなく、一つひとつの職場の実態に合わせた最適化を検討し、実践をサポートする企業向けの講座です。
社内の4~20%のマネジメント層を対象に3~5日のワークショップを展開。職場にて実装し、その振り返りを一緒に行い、再度最適化を繰り返していきます。



◆受講場所:WEB会議室ツール「Zoom」などを用いて実施

受講費用プログラムや実施規模や内容によって異なります

◆受講期間:3~5日程度 1日6時間程度(昼休憩あり)のコースでワークショップを実施

◆受講対象:主に企業・組織のマネージメント層(企業向けのサービスになります)

プロセスデザイナーが個別のご相談に応じます

「何から始めればよいか」「講座を使ってテレワークの促進したい」「講座の詳細や日数について」など、それぞれの企業や職場が持つ特性を加味しながら、プロセスデザイナーが一緒に考えていきます。
お気軽にご相談フォームをご利用ください。

組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録