スコラ・コンサルトは、プロセス型コンサルティングによる組織風土改革のパイオニアです。

03-5420-6251 ご相談窓口 平日9:30~18:00

メールニュース講読 お問合せ・ご相談
山科 雅弘(やましな まさひろ)

山科 雅弘(やましな まさひろ)

旅行会社にて営業・マーケティング部門を経験。本社スタッフとして組織変革を自ら実践した経験をもとにスコラ・コンサルトに。組織変革は「経営と社員に基本的な“信頼観”があるかどうか」を大前提に成り立つことをモットーに、「自ら変革を実現したい想いを持った“主体性”のある」個人・組織の基盤づくりを支援する。

信頼観や主体性へのこだわりは、前職のドイツ勤務の際に培われた。ドイツでは、ベビーカーを電車に乗せるのを当たり前のように手伝い、見知らぬ人でも困っている人は助けるという「信頼観」と、何か問題が起きたときに、当事者意識を持って解決にあたる「主体性」が当たり前のように存在する。いまの日本では当たり前でなくなってしまった、これら2つがうまく噛み合ったときに、人は大きく成長し、組織も変化に向かうと信じて、組織変革に力を注ぐ。

リスクをともなう意思決定の数だけ人は成長できるという信念のもと、個人の主体性を育むために、周囲との多様な価値観の交換を促して視野を広めるサポートや、仕事の全体像を広げて自分のやりたいことの価値を高めアプローチをとる。また、カリスマ経営者ですら「視界ゼロ」を口にする変化の激しい時代で生き残る手段として、いろんな人たちが持っている情報や考え方、物事への見方をぶつけ合いながら、方向性を高めていく「チーム思考力」を高める支援も。

頭ではなく、心で相手の本質を理解しようという姿勢で、人と向き合う。その姿勢はお客様から共感を得て、支援先の経営層や社員の皆様からの強い信頼につながっている。息抜きは50歳ではじめたテニス。週に2回、汗だくになって取り組む。

■ブログ

企業の成長と働く喜びを両立させる

 

■主な支援テーマと実績

  • 顧客本位の営業への転換
    (損害保険業、製薬メーカー、音響機器メーカー など)
  • 経営層のチームづくり、トップの意思を経営チームの意思に転換するプロセスの支援
    (総合ファッションアパレル、塗料メーカー販社、プラント・エンジニアリング など)