炭元 宗一郎|プロセスデザイナー|スコラ・コンサルト
炭元 宗一郎

炭元 宗一郎

SOICHIRO SUMIMOTO

愛知県出身。ルーツは高知、育ちは静岡。

前職のエネルギー系商社では営業および経営企画業務を担当。
営業で数多くのオーナー経営者と真剣に渡り合ってきたためか、今でも妙な大物感がある。
経営企画では計数管理のほか、ビジョン浸透やキックオフミーティングの企画・運営を担当。本社の論理と現場の実態の乖離に悩んだ先に、計画と実行の間にある「腹落ち」の重要性に気付く。
「社員がイキイキと働ける会社にしたい」との想いから、入社一年目に仲間と勉強会を立ち上げ、社内外を巻き込んだボトムアップでの会社変革に挑戦した経験も持つ。
やる側、やらされる側両方の経験を持つため「何事にも、そうなる理由や構造がある」という前提で、相手の言いたいことを受けとめながら、何が根底にあるのか、理解しながら聞くことを大切にしている。

スコラ・コンサルト入社後は、大手プラントメーカーの風土改革プロジェクトから地方大学の地域活性化プロジェクトまで、多岐にわたる支援に参画。論理性も感性の両方を大事にしながら「主体性」を大切にしたプロセスづくりを心掛けている。
また、数少ない若手プロセスデザイナーとして、ボトムアップでなんとか会社を変えたいという熱い思いをもった同世代が自らの夢やありたい姿を実現するために役職や部門を超えて想いをつなぐ。

仕事は楽しくがモットーであり、「仲間とともに、仕事を楽しむ社会の実現」が目標。
趣味は学生時代に汗を流したサッカーの観戦。“声が良い”という噂も。

早稲田大学大学院経営管理研究科修了(MBA)、日本マーケティング学会所属

執筆コラム

関連セミナー

【オンライン】<br/>U-31 “若手主体の組織変革”を考える会

【オンライン】
U-31 “若手主体の組織変革”を考える会

開催日時
【第4回】11月25日(水)19:00~21:00

本対話会では、若手社員が主体となるボトムアップ型組織変革の仕掛け方について、新型コロナの組織への影響も踏まえつつ、皆さんと一緒に考えていきます。

詳細・お申込み

組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録