スコラ・コンサルトは、プロセス型コンサルティングによる組織風土改革のパイオニアです。

03-5420-6251 ご相談窓口 平日9:30~18:00

メールニュース講読 お問合せ・ご相談
木原 玲子(きはられいこ)

木原 玲子(きはられいこ)

金融サービス業の支店変革、製造業の風土改革、自動車販売会社の現場変革など豊富な支援実績をもつ。変革の重要な要素として「スポンサーシップ(社員の内発的動機を引き出すマネジメントのあり方)」の機能を実感し、現在は経営層や現場の幹部層がスポンサーシップを発揮するためのマネジメント変革を中心に支援を行なっている。

数々の支援先で、「方針と施策の乖離」が要因となり、「目の前の仕事で精一杯、対話もない」「忙しいのに業績につながっていない」という状況に陥っている姿に出会う。そのなかでも「部下のためにも何とかしたい、でも何をすればいいのか」と悩むマネジメント層の一助になりたいと強く考えるようになった。

支援先の「ありたい姿」は何なのか。そこに向かうことを阻む障壁は何なのか。その障壁は将来どのような影響を及ぼすのか。徹底した議論と「自分からお客様に入り込んで」つかむ現場情報から仮説を立て、「ありたい姿」へ向かうためにどうしたらいいのかを提案していく。時にはマネジメント層の片腕となる動きをしながら、現場を動かすスポンサーシップ機能を促進させる役割を果たす。マネジメント層にあえて厳しい助言ができるのも、現場の事実情報をつかんでいるからこそ。

このような豊富な経験と事実情報から判断して動く支援姿勢は、現場から経営層まで強い信頼を得、「人」の変革行動を促すことにつながっている。また、「相手を信じ、その人が本来持っている可能性を追求していくこと」を基本とし、大事にしている。

出張が多く時間的ゆとりがない中での気分転換は、料理をつくって美味しいワインを飲みながら、仲間とワイワイ語り合うこと。山口県生まれ。

■寄稿

『月刊総務 2014年5月号』特集
「オフサイトミーティングの活用で役割創造型総務を目指す」

 

■講演実績

「未来を創造するオフサイトミーティング」~主体的に考え行動する風土と仕掛けとは~
(2010年7月「ヒューマンキャピタル2010」)