スコラ・コンサルトは、プロセス型コンサルティングによる組織風土改革のパイオニアです。

03-5420-6251 ご相談窓口 平日9:30~18:00

メールニュース講読 お問合せ・ご相談

三浦工業株式会社

 

小型貫流ボイラーの製造販売で国内シェアトップを誇り、現在は“熱・水・環境”の分野でお客様のお役に立つサービスを軸に毎年業績を伸ばす三浦工業(本社・愛媛県松山市)。蛸壺化や自主性の減少など、いわゆる“大企業病”にならないよう、経営陣が早くから風土改革に取り組み、社員がそれに応えてきたことがその一助になっている。三浦工業の風土改革のこれまでの取り組みと今後の課題や対応策をまとめた。

 

【お話を伺った方】

西原正勝さん 専務執行役員COO

  • 1978年入社。メンテナンスや営業を担当し、国内各支社に異動。2004年韓国拠点の社長として赴任。職場に直接足を運んで社員の不満を聞き取り、全社員を日本で研修させるなど研修制度を構築した。上司・部下全員が現場に足を運び、お客様の話を聴くことの重要性を教育し、顧客満足を向上させたことが黒字化につながった。2014年に帰国、専務執行役員COOとなり、主に人事を担当する。本年4月に副社長に昇進予定。 

谷水恭子さん 人財開発部部長

  • 1986年入社。大学英文科を卒業後、海外事業部に配属され、貿易実務を担当。通関士の勉強を通じて得た知識を活かし、商社を通さず直接海外から原材料を輸入する業務に従事。女性活躍推進課課長を経て、人財開発部部長となる。社内に3人いる女性部長・役員のひとり。

 

 

残業や部門間の壁を解決するための風土改革

 

三浦工業は小型貫流ボイラー事業でのトップシェアを誇り、食品加工機械などでも高いシェアを持つ。「テクノサービス」という言葉を創業者の三浦保社長が作り、1970年代から販売したボイラー等の保守、管理、そして故障を未然に防ぐ“ビフォアメンテナンス”を組み込んだビジネスモデルでシェアを拡大してきた。 

1989年には常時ネットワークで機器の状態を監視する“オンラインメンテナンス”(商標登録済み)を開始。現在、日本と世界で55,000台以上のオンラインメンテナンス契約を持ち、3年間の契約更新は約9割と高いリピート率を誇る。「メンテナンスに力を入れて継続的にお客様と接することによって担当する企業や業界の変化にもいち早く対応することができます。何事にもスピード感があるのが当社の特徴です」と専務執行役員COOの西原正勝さんは話す。

創業以来、増収増益を続けている同社だが、1989年、40年間社長を務めた三浦保氏の後を継いだ白石省三社長は、「三浦工業が持つ強みはそのままで、より強くするためには、利益重視だけではうまくいかないのではないか」と考え、2002年ごろから風土改革に取り組み始めた(図 1)。

 

図1三浦工業 風土改革の歴史

 

 

当時、とくに問題となっていたのは残業の多さだった。営業部門もメンテナンス部門も客先に行くことが重要視されたため、昼間に職場に居づらく、夕方、ほぼ全員が同じくらいの時刻に帰社して事務仕事を始めていた。「会社が大きくなるにつれ、上司が部下の話をしっかりと聴くことが少なくなりました」(西原さん)。

また、部門間の連携の弱さも課題だった。西原さんは「それまで強いリーダーシップを発揮する上司がいて、業績が伸びていましたから、自分たちのやり方を変える必要はない、という意識が強かったですね。忙しくなって、自部門のことにしか目が向かず、他部門との連携が不足していました」と話す。

その同社は2004年に三浦工業、プロテック、インターナショナル3社に分社した(2008年に再統合)。「そうすると今度は他社のことは、それこそ他人事になってしまいました」(西原さん)。

社長自らが社員に経営理念や思いを語る場を設け、風土改革を実行

白石社長、そして2004年に就任した高橋祐二社長が意識したのは、“経営側から社内にあえてゆらぎを起こし、問題・課題の顕在化と解決を繰り返しながら、組織を強くしていく”ことだった(図 2)。

図2 問題を先取りして改善する仕組み


 

その問題・課題の顕在化のツールとして使ったのが、社員満足度調査(ES調査)、自らが取り組みたい仕事や将来の目標を会社に伝えるチャレンジシート、人事部長からのフィードバックを受け取る人事部長直送シート、マネジメント研修、オフサイトミーティングなどであった。 

中でも経営陣が重視していたのが、マネジメント研修とオフサイトミーティングだ。同社のマネジメント研修は、単に社員のマネジメント能力アップを目指すものではない。全役職者を対象に階層別に一つのテーマで研修を行い、そこで社長自らが経営理念や成長戦略、思いを語る場としたのだ。トップ自ら社員に直接メッセージを届け、研修後の懇親会や二次会にも参加して社員と対話した。

もうひとつ特徴的なのは、研修の実施やオフサイトミーティングの支援を行う人事・研修の担当事務局を風土改革の鍵を握る存在と位置づけたことだ。部門スポンサー、拠点のスポンサーやキーマン、さらには外部世話人としてのスコラ社を経営陣と常に情報を共有する“活動支援ネットワーク”と位置づけて組織体制を整えたことも大きな特徴といえるだろう。

なお、このマネジメント研修は2006年から現在まで年間10回ほど、トータルでは110回ほど開催されており、社員満足度の高さにもつながっている(社員の生の声を集める就職・転職サイト「リクルート VORKERS」の調査による。同社は2016年の総合評価ランキングで、「すべての業界」61, 592件中48位、機械関連業界2,227件中1位であり、とくに「研修」の満足度が高い)。

 

会社紹介

■基本データ

三浦工業 株式会社
所在地:愛媛県松山市堀江町7
設立:1959年(昭和34年)5月1日

代表者:代表取締役 社長執行役員CEO 宮内 大介
資本金:95億4400万円(2016年3月31日現在)
従業員数(正社員・準社員のみ):単独2,898名、連結4,665名(2016年3月31日現在)グループ4,774名(うち海外1,269名)

 

■沿革

1927年に精麦機の製造販売から始まり、1959年にボイラーの製造販売を開始。1970年代からメンテナンスに注力したビジネスモデルに変えることで成功。1989年以降、ボイラーをオンラインで監視する態勢を整えている。国内ではボイラーの6割、売上額では9割のシェアを持つ。

現在は、水処理・水分析、滅菌器なども手がけ、“熱・水・環境”をキーワードに工場全体の管理を行っている。韓国、中国、台湾、ベトナム、タイ、シンガポール、インドネシア、トルコ、オランダ、アメリカ、メキシコ、ブラジルの13の国と地域に15社7工場がある。

 

 

次ページ > 交流と問題発見・解決を促したオフサイト