184号:今、日本に一番欠けているもの

2017.01.12

風土改革、はじめの一歩はここから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Scholar Consult   Mail News
スコラ・コンサルト メールニュース 184号(新年特別号)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもお読みくださり、ありがとうございます。


新年明けましておめでとうございます。

AIやロボットが人を代替する産業の革命的な変化がどんどん現実味を
増してくるにつれて、「人間ならではの能力」や「人がやることの意
味」が問われるようになっています。

スコラ式の風土改革アプローチで「そもそもを考える」ことを重視し
ているのは、そのことと無縁ではありません。年頭コラムは、そんな
スコラ・コンサルトのこだわりのココロをご紹介します。



●○柴田昌治 2017年の年頭に思うこと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今の日本と日本企業に一番欠けているもの

~ なぜ意味・目的・価値を考える習慣が大事なのか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


昨年末、ある雑誌の取材を受けたときのこと。拙著『なぜ会社は変われ
ないのか』(1998年刊)を読み直してきたという記者の方の質問は、
「今も企業では20年近く前に書かれたこの本と同じようなことが起こっ
ている。ということは、日本の会社が抱えている体質的な問題は何も変
わってないのか」でした。

『なぜ会社は変われないのか』が今もなお読み続けられているのは、日
本企業が当時と変わらぬ体質を抱え続けていることを示しています。


ただ、今回の電通のような事件が、もし1998年当時に起こっていたとす
れば、はたして強制捜査にまで至ったでしょうか。
過労死や勤労者の自殺の多さは以前から話題になることはありました。
しかし、社長を引責辞任に追い込むまでの大きな社会問題になることは
なかったのです。

そういう意味で、当時と今とでは社会が持つ感覚に明らかな違いがあり
ます。「人間を主体とする考え方」はビジネスの世界でもしだいに違和
感なく受け止められるようになってきています。電通問題で顕在化した、
若い人の自殺が起こり続ける日本の現状、それを時代の空気は簡単には
許さなくなってきている、ということだと思います。



今回のような事件、そして亡くなった高橋まつりさんの死をむだにしな
いで、日本を変えていくきっかけにするために必要なこと、それは、こ
の問題を「長時間労働の問題」に矮小化させないことです。

問題の本質に迫る、つまり日本が抱える、そして欧米先進国との格差を
引き起こしている“体質的生産性の低さ”の問題に迫ることが必要なの
です。


この問題が人員増だけでしか対応できないものだとするなら、「コスト
をかけないと解決しない問題」になります。もし、労働時間制限と人員
増というコスト増の解決策しかなければ、当然、収益との綱引きが起こ
ります。収益が下がり、競争力の低下が問題になるのです。結果として、
たぶん中途半端な解決にしか行き着かないでしょう。


長時間労働は、周りから持ち込まれる課題を右から左へと片っ端からさ
ばき、こなすのが当たり前になっている仕事の仕方(=体質的生産性の
低さ)から必然的に生じます。欠けているのは、降ってくる課題に優先
順位をしっかりとつけて必要な仕事だけをする、という習慣です。

というのも、本当に時間と労力を注がなければならない重要な課題とい
うのは全体の2割程度しかない、と言われているからです。他はやらな
くても同じ、もしくは簡略化することが可能な課題です。

そうであるなら、戦略的な全体観のもと、優先順位をつけて仕事をする
能力を身につけていけば、仕事は整理され、結果として生産性は格段に
上がり、長時間労働も減らすことが可能になるのです。


問題は、優先順位をしっかりとつけるには「物事の意味や目的・価値」
などを掘り下げ、戦略的な全体観を創り上げる力が不可欠であり、現状
ではその能力を持つ社員はきわめて少ない、という事実です。
今の日本に一番欠けているのはまさにこの能力です。ここに焦点を当て
て、あらゆる施策をまず打たなくてはなりません。


なぜ日本にこうした大切な力が不足しているのか。

それは、経済の高度成長を成し遂げてきた企業の体質が「上からの命令
には絶対に従う、下には絶対に従わせる」という原理に長きにわたり支
配されてきたことに起因しています。

こうした原理をいつも踏襲していると、社員はただ指示されたことをい
かにして実行するか、だけしか考えられなくなるのです。今の日本で、
しっかりとした組織で働く人間ほど考える力を失くしているのはそのた
めです。


そもそも、つい最近まで産業界から教育界に対し、「意味や目的・価値
などを考えて仕事ができる人材」に対する要請はありませんでした。

戦後の日本の教育では常に知識の習得に重きが置かれ、物事の本質に迫
る力を培う教育は置き去りにされてきたのです。この点が欧米先進国の
教育と決定的に異なる点です。
欧米先進国と日本との生産性の格差はまさにここからきている、という
認識が必要です。


私たちが手がける風土改革では、本当の意味での「人を育てる」ことが
主要なテーマです。改革のキーマンたちに、意味や目的や価値などをま
ずしっかりと考える習慣が身につくような環境を用意するのはそのため
なのです。


プロセスデザイナー代表 柴田昌治
http://www.scholar.co.jp/designer/detail.php?id=9



▼毎回のコラムをご覧いただけます
http://www.scholar.co.jp/column/



●〇●〇●〇●〇●  記事掲載のお知らせ  ●〇●〇●〇●〇●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1月5日配信 ダイヤモンドオンライン「特別レポート」
http://diamond.jp/articles/-/112765

柴田昌治インタビュー
「できる社員」が実は会社を弱体化させている その7つの罠とは?



■風土改革の同時進行ドキュメントに交流・講演などの反響続々

柴田昌治の長期連載『日経情報ストラテジー2017年2月号』(12月29日発売)
「実録!沖縄ヤマト運輸風土改革の軌跡」

【第19回】始動!働き方改革 トップの指示はどう働くか
      ~「指示に従う」から「みんなが本気になる」へ


▼本連載は日経BP社の記事検索サービスサイトで購入いただけます。
 http://bizboard.nikkeibp.co.jp/kijiken/




◇◆◇◆◇◆◇◆ 《新規》有料セミナーのご案内 ◆◇◆◇◆◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 変革の成否を分ける
■■ 「変革推進チーム」のための実践講座
■■
■■ 担当プロセスデザイナー:松村 泰広
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

変革の推進を任されて、いま自社が向き合うべき本当の問題は何か。
現象と真因、めざす姿の違いとそれぞれの持つ意味・影響について考え、
本当に変化を起こすための第一歩を一緒に考えます。


●こんな方にお勧めします

・会社を良くしたいと思っているが、今のままで本当に変革ができるの
 かと迷っている方、不安な方
・実践者として、自分に気づきや学びの時間が大事だと思っている方


●参加条件

1.一社2名以上のチームでご参加ください。
2.事前のヒアリングおよび今後よりよい企画にしていくための事後ディ
 スカッションにご協力をお願いします。


・日 時:2月20日(月)14:00~18:00 ※その後懇親会あり
     2月21日(火) 9:00~13:00
     ※2日間参加できる方 
・会 場:スコラ・コンサルト(東京・五反田)


▼詳細・お申込みはこちら
http://www.scholar.co.jp/seminar/seminar_detail.php?id=32


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールニュースは、株式会社スコラ・コンサルトのプロセスデザ
イナーが名刺交換をさせていただいた皆様、柴田昌治の著書など出版
物に対してご感想をお寄せくださった皆様、お問合せをくださった皆
様にお送りしています。


■配信停止はこちら
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=889&f=5&g=2&c=28929&code=3f5a9b6eaa56861ef6a12c2be125f072

■メールアドレス等の変更はこちら
https://a04.hm-f.jp/index.php?action=E1&a=889&m=2&g=2&c=28929&code=3f5a9b6eaa56861ef6a12c2be125f072

●バックナンバーは下記サイトからご覧いただけます。
http://www.scholar.co.jp/mailnews/

●お知り合いで、新たにこのメールニュースの配信を希望される方が
いらっしゃいましたら、下記をご紹介ください。
http://www.scholar.co.jp/m_news/

●メールニュースお申込み時にお知らせいただいたお客様の個人情報
は、弊社の提供するサービス・セミナー・出版物などをご案内する
目的にのみ利用させていただきます。


■ 2017年1月12日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】株式会社スコラ・コンサルト 担当:谷田邦子
    東京都品川区東五反田5-10-25 さいせい池田山ビル3階
    TEL:03-5420-6251  

【Web】http://www.scholar.co.jp/
【Facebook】https://www.facebook.com/scholar.consult/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録