<vol.93>よりよい個人目標を設定するために

2017.04.28

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スコラ・コンサルト <行政経営デザインラボ>    
行政経営デザインメールニュース vol.93

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年度が替わり、各職場では新しいメンバーを迎えた新体制がスター
トしていることでしょう。あなたの職場では、もう「歓迎会」をす
まされましたでしょうか。

昔と違い、職場全体で懇親会をする機会も減ってきています。
歓迎会や送別会ぐらいしか行なわないという職場も多く見受けられ
ます。歓迎会は、仕事を離れた人として知り合える貴重な機会です。

これから1年を有意義に過ごしていくために、ぜひ早く打ち解けて、
ともに力を合わせやすい関係になっていただければと思います。


●○コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

よりよい個人目標を設定するために

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

役所では、昨年度から全自治体に人事評価制度が導入されるように
なりました。そのため、各職場では、4月から5月にかけて職員や
管理職が個人目標の設定に追われています。

目標管理は、本来職員が自ら管理できるよう、主体的に目標設定す
ることが望ましいものです。しかし、だからといって何を書いても
いい、ということにはなりません。

適切に目標設定できるようになるためには、日頃から仕事にしっか
りと向き合い、組織全体を見渡して、職場内で果たす自己の役割を
きちんと理解しておくことが重要です。

今回は、よりよい個人目標を設定するための準備プロセスについて
取り上げてみました。あなたは、これらのプロセスを経て目標設定
しているでしょうか。


1)「事業評価シート」で、事業の目標を確認する

各職場には、所管する職務があり、職員はその一部を担っています。
この職務に関連した事業は、総合計画のもとに体系化づけられ、
事業評価制度によって全体管理されています。
それゆえ、個人目標を設定するときには、事業ごとに作成している
「事業評価シート」を見れば、年度ごとの事業目標を確認できます。

しかし、実際には事業評価シートを評価の結果を記入するときしか
見ていない、というケースがほとんどです。誰が何をやるのかの
人事管理と事業管理は、表裏一体となるものですので、各帳票も
タイミングを合わせて運用していきたいものです。


2)「組織目標」で、事業・業務の方向づけを確認する

ただし、自治体によっては、事業評価を重要事業についてのみしか
行なっていないとか、人件費のみで行なっている「業務」については
対象外としているところがあります。

その場合には、上司が作成する「組織目標」が指針となります。
組織目標には、それぞれの担当分野について、重要な事業・業務の
目標が設定されていたり、改善・改革すべき課題の設定や、人材育成
の取組みなどが記されたりしています。

職員は、組織目標から自分の担当職務に関わる目標や課題を理解する
だけでなく、組織全体の構成や優先順位づけを知り、その判断基準を
理解しておくことが、自己の目標設定と優先順位づけをするうえで大
切です。


3)役割に応じて、果たす責任を明確にする

仕事は、一人でするのではなく、同僚や、上司、関係部署や関係団体
とも協力し合うチームで進めています。職員には、行政が担う役割や、
それぞれの役職に応じた役割を明確にして、責任を果たしていくこと
が欠かせません。

個人目標を設定するにあたっては、これらの役割設定について、
「人材育成基本方針」や人事評価制度の中の「能力評価項目」などに
書かれている内容と意図を理解しておくことが必要です。

また、上司と面談をする前に、まずは職場で同じ仕事をしている職員
同士で、それぞれがどの範囲、どの程度の責任を果たしていくのかに
ついて話し合っておくことが大切です。同じ事業・業務を担当してい
るからと言って、上位者から下位者までが、同じ個人目標を設定して
しまうことがないように留意しなければいけません。

よりよい個人目標の設定は、それぞれが目標の達成に向けて邁進する
ためだけでなく、良好なチームワークをもとに組織の生産性を向上し、
効率的効果的により高い成果を果たすことにつなげてこそ意味がある
ものです。

今一度目標の設定プロセスを見直し、よりよい個人目標づくりに
お役立ていただければと思います。


行政経営デザイナー/プロセスデザイナー 元吉 由紀子
http://gyousei-design.jp/introduction/profile.php

▼公共組織向けメールニュースコラムのバックナンバーは、
 下記からご覧いただけます。
http://gyousei-design.jp/column/


●○雑誌掲載
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『月刊ガバナンス』4月号 《連載》
「いい役所をつくろう! ~みんなが主役の自治体改善運動」
第13回 人材育成基本方針と人事評価で根付いた職員の役割認識

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自治体改善マネジメント研究会で連載している『月刊ガバナンス』
4月号(ぎょうせい発行)の「いい役所をつくろう!~みんなが
主役の自治体改善運動」第13回は、南伊勢町の小山将彦さんが、
人事評価制度の導入とともに、2年がかりで人材育成基本方針を
策定した経緯をご紹介しています。

これまで「課長経営方針」をもとに庁内運営をしてきたのに加え、
今回各役職の役割定義が明確になったことによって、係長が「係長
組織運営目標」を作成して改善や育成に責任を果たし、主査は庁内
横断プロジェクト活動に参加するなど、「行政経営システム」が
地に足着いて回り始めるようになったそうです。

人事評価制度を作ったけれど、うまく回っていないという自治体の
方は、ぜひご一読ください。

▼『月刊ガバナンス』購読申込みはこちら
https://shop.gyosei.jp/products/detail/9361


●○交流会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公務員の参謀交流会 in 関西

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

首長を支え、サポートする立場の参謀機能の実践と悩みについて、
経営幹部(副市長、区長、部門長、行革担当責任者等)の皆さまと
隔月に1回のペースで開催しています。

毎回メインスピーカーに情報提供いただきながら、それをもとに全
員で対話して、その意味を共有し、深め合っています。

●今回は、八尾市の山本裕三副市長から、人材育成、トップと補佐
役との関係づくり、地方自治のあり様などをお話いただく予定です。
ペーパーなしで、ざっくばらんに本音の交換ができればと思います。

・日時:2017年5月10日(水)18:30~21:00 + 懇親会
・場所:スコラ・コンサルト大阪 うめぷちサロン
http://gyousei-design.jp/contact/

▼参謀交流会に関心のある方、参加ご希望の方は、
 下記フォームからお問合せください。
https://business.form-mailer.jp/fms/f391d39060329


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公務員の組織風土改革世話人交流会 in 神戸

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公務員としてよりよい仕事をしたいという思いを持つ人たちが集ま
り、お互いの思いや悩みを共有しながら、みずからチャレンジして
いる経験を聴き合って、組織風土改革の動きにつないでいくプロセ
スを一緒に考える対話の場です。
(公務員の有志が主体的に運営チームを結成して運営しています)

■概要■
------------------------------------------------------------
【日 時】 2017年5月13日(土)13:30~18:30 + 懇親会
         5月14日(日) 9:00~13:00(連続二日間)

【会 場】 ひょうご共済会館
      〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通4丁目17-13
      http://www.hk-kaikan.com/index.html

【定 員】 30名 (原則として2日間参加できる方に限ります)
【対 象】 公務員の皆様
【参加費】 3,000円/人(会場・資料代等。懇親会費は別途実費)
※宿泊先は、各自でご手配ください。

▼お申込み・お問合せフォーム
https://business.form-mailer.jp/fms/bd83a09563021

※スコラ・コンサルトあてにお申込みをいただき、世話人交流会運
営チームから後ほど連絡させていただきます。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

▼過去の交流会の情報はこちら
http://gyousei-design.jp/network/

【問合せ】 株式会社スコラ・コンサルト 担当:荻田
 TEL: 03-5420-6251


●○講演
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年 日本自治創造学会 研究大会
 ~前例から創造へ~ 人口減・高齢化を乗り越える

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5月18日と19日の両日開催される大会に、行政経営デザイナー
元吉由紀子が、自治体改善マネジメント研究会代表として、下記日時
にて「自治体改革の実現力」をテーマに講演をさせていただきます。

住民から負託された議員のみなさまとともに、行政運営をいかに
監視し、また、よりよい地域づくりに向けた改善につなげていけば
いいのかについて、ご一緒に考える機会になれば幸いです。

・日時:2017年5月18日(木)13:00~17:35
       5月19日(金) 9:30~14:55

◆元吉由紀子の講演は19日(金)11:15~11:55となります

・場所:明治大学アカデミーコモン棟3階 アカデミーホール

▼大会案内とお申し込みは、大会事務局へ
http://jsozo.org/event/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールニュースは、株式会社スコラ・コンサルトにお問合せを
くださった皆さま、および元吉由紀子の著書などにご感想をお寄せ
くださった皆さま、プロセスデザイナーが名刺交換をさせていただ
いた皆さまで、公共組織に関係する皆さまへお届けしています。


2017年4月28日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】株式会社スコラ・コンサルト 行政経営デザインラボ
    http://www.scholar.co.jp/gyouseikeiei/

    東京都品川区東五反田5-25-19 東京デザインセンター 6F
    TEL:03-5420-6251  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録