現場の「知恵」が働くチームイノベーション|出版物|スコラ・コンサルト
現場の「知恵」が働くチームイノベーション

amazonで買う

現場の「知恵」が働くチームイノベーション

机上のプランを練り上げるのではなく、リアルな実行の現場で直面する矛盾や制約と戦いながら知恵を出す「イノベーションワーク」のための環境、チーム、シチュエーションをどのようにつくるのか。風土改革アプローチによる有機的なチームワークを、さらに「現場の知恵」を焦点にして発展させた「チームイノベーション」の実践のプロセスを、じっくりと3つの事例でご紹介します。

書籍情報

著者
源明典子
発行
日本経済新聞出版社(2009年)
価格
1,800円(税別)

著者からのメッセージ

イノベーションというと、すごく壮大で日常からかけ離れたものを想像してしまいます。けれど、さまざまな企業で変革のお手伝いしていると、そこには埋もれた知恵を働かせて今まで成し得なかったことが達成できた、という実例が数多くあります。それをイノベーションと呼ぶのかどうかは定義によって異なると思いますが、私はこの本で、現場に眠っているたくさんの知恵が働くことで開かれていく可能性がまだまだある、ということを皆さんにお伝えしたかったのです。
それは、タイトルの『現場の「知恵」が働くチームイノベーション』という言葉にも込められています。

現場にとって、相談したり、一緒に考えたりして刺激し合う仲間の存在と上司の支援があれば、従来の思い込みを超えた新しい考え方、やり方で今までにない価値をつくり出していくことができます。それはまさにチームによるイノベーションの力だと痛感しています。

この本では、変化していく現場とそのチームワークによってもたらされるもの、私自身がふり返っても鳥肌が立つほどに印象に残っている事例を紹介しています。決して特別ではない、ごく普通の現場で展開されたチームイノベーションのプロセスが、組織の行き詰まりを打開する何かのヒントとしてお役に立てばと願っています。

源明 典子

源明 典子

NORIKO GENMEI

新卒後、日産自動車の販売会社に勤務。車を「つくって売る」という、ものづくりの現場を身近に経験した背景から、日本のエンジニアが持つ「情熱や、た…

関連出版物

  • 超トヨタ式「絶対不可能」を可能にする経営
組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録