「できる人」が会社を滅ぼす

amazonで買う

「できる人」が会社を滅ぼす

「一見できる人、でも実はさばくのが得意な人」がイノベーションの妨げになり、
コンプライアンス問題が発生する土壌をつくって日本企業を衰退させている。

考える力を低下させる組織と、それに適応して頑張るミドルが陥りやすいワナとは? よりよい未来に向けて働き方を改革したい中間管理職に必読の書です。


大量の仕事に忙殺され、「目の前の課題をいかに処理するか」ばかり考えている。短期的な業績はあげているので出世はしていくが、新しいことを「考える力」や変化に対応する「精神の柔軟性」はじわじわと減退。ある日ふと気づけば、会社の足を引っ張り、心ある人たちから「あの人は抵抗勢力だ」と後ろ指を指される存在になっている……。

こうした「できる人」が増えると、企業のイノベーションを起こす力や変革力は衰退していく。主力事業が右肩下がりになりビジネスモデルの転換が不可欠になったときなども、「できる人」ばかりの会社ではその転換がうまくいかない。これは多くの日本企業で今まさに起こっていることである。

30年にわたって多数の会社の組織風土改革を支援してきた著者が、「考えない社員」を生み出す常識のワナと、そこからの脱却法を紹介。


【もくじより】
第1章 なぜ「できる人」が会社を滅ぼしていくのか
第2章 「仕事をさばく」というワナとその脱却法
第3章 「先入観ですぐに答えを出す」というワナとその脱却法
第4章 「自部門のみのエキスパート」というワナとその脱却法
第5章 「調整力がある」というワナとその脱却法
第6章 「悩めるミドルの結束」が会社を変える
エピローグ 「真のできる人」になるために

書籍情報

著者
柴田 昌治
発行
PHP研究所(2016年)
価格
1400円(税別)

著者からのメッセージ

「できる人が会社を滅ぼす」

小学校の校長を今年定年で退職した義姉は“まじめで一生懸命”をまさに絵にかいたような人物です。その義姉がこの本を読んですぐに「この本いいわ!」で始まるメールを送ってきました。
彼女も今まで何冊かは私の本を読んだことがあるとは思いますが、メールを送ってくれたのは今回が初めてです。

「できる人が会社を滅ぼす」というタイトルを見て、どういうこと? と思った人が興味を持って手に取り、「まさに自分のこと」と思い至りながら読み進められるところがいい。
教えられるのではなく、納得と共感が引き出されていく。仕事をさばいている毎日に、あえぎ苦しんでいる管理職にぴったりの本だ、と書いてありました。
まるで自分のことが書かれているみたい、というのが義姉の読後感です。
メールのしめくくりが、もと、さばきの鉄人より!\(^o^)/でした。

この本を書く時にはあまり意識していなかったのですが、小学校の校長というのは、ある意味、まさに中間管理職そのものなのですね。
義姉のように、この本が管理職の皆さんの、人生や生き方を見直すひとつのきっかけになるなら、これほどうれしいことはありません。

柴田 昌治

柴田 昌治

MASAHARU SHIBATA

株式会社スコラ・コンサルト プロセスデザイナー代表/創業者 1979年東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。大学院在学中にドイツ語学院を…

関連出版物

  • どうやって社員が会社を変えたのか
  • 日本企業の組織風土改革
  • トヨタ式最強の経営<ドイツ語版>
  • フィールドブック 学習する組織「5つの能力」
  • 成果を出す会社はどう考えどう動くのか
  • どうやって社員が会社を変えたのか
  • 考えぬく社員を増やせ!<br/>大転換期の「対応力」を育てる法
  • どこまで墜ちた企業を救えるのか
  • 考え抜く社員を増やせ!
  • 柴田昌治の変革する哲学
  • 親会社の天下り人事が子会社をダメにする
  • アンデルセンが教えてくれる<br/>不思議なほどうまくいく人
  • 会社を変える「日本式」最強の法則
  • なぜ社員はやる気をなくしているのか
  • 会社を変える人の「味方のつくり方」
  • トヨタ式最強の経営
  • トヨタ式で劇的に変わる!<br/>自己「カイゼン」仕事術
  • フィールドブック 学習する組織<br/>「10の変革課題」
  • 40歳から会社で何をするかどうするか
  • なぜ会社は変われないのか
  • なんとか会社を変えてやろう
  • 《実践ガイド》<br/>なんとか会社を変えてやろう
  • 「会社を変える」人材開発
  • ここから会社は変わり始めた
  • 「ここがおかしい!」と言える<br/>サラリーマンになる!
  • なぜ会社は変われないのか 
組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録