全員参画経営 ~Total Formation Design|出版物|スコラ・コンサルト
全員参画経営 ~Total Formation Design

amazonで買う

全員参画経営 ~Total Formation Design

「本当の仲間とは、こういう女性!」――『なぜ会社は変われないのか』の著者・柴田昌治氏推薦!

未曾有の危機は、同時にまた大きなチャンスでもあります。大切なことは、人の能力は配置で変わるということ、経営とは人を想うことだと再認識することだと著者は言います。
今いる社員で会社を救うために経営者がしなければならないことは、いかにして全員の力を結集できるかであり、全員が参画できるマネジメントを築くことです。
 
 
【目次情報】
■第1話(小見出し)
・突然の社長就任と厳しい現実を受け止める
・改革のカギとなる想いの源泉を見つける
・悩みの共有で自分の居場所をつくる
・まずは工程の見える化が先
・未知の挑戦は見本を五感で学ぶ
・ガス抜き後のフラット対戦で事実が見える
・基礎技術力を磨き市場価値を上げる
・体を使って心の迷いを払拭する
・新旧生産方式対決で決着をつける
・判断基準と優先順位を明確にした繁忙期連携作戦
・技術力を身につけたい!職人魂に火がついた
・価値を高める最後の打ち手"改善"
・改革を推し進めたその先に未来が見えた
・世界一の工場を目指せ!

■第2話(小見出し)
・3代目社長の孤独と悩み
・業界の成長と社員の疲弊感
・会社の未来をつくるキーマン発掘
・これまでと違う新支店長
・え?会議全部やめちゃうの?
・厳しい顧客の声から見えた2つの課題
・悔しさから生まれた改革の原動力
・女性参謀の登場
・パンドラの箱に入っていたモノ
・仕事の価値を高める“7つの改革プロジェクト”
・やっと見つかった改革のテコ
・黒字を実現させた3つのサイクル

■全員参画経営6つのステップ
《STAGE1》
「マザーシップデザイン」ステージ~経営者のマネジメント基盤づくり
・STEP1 自己認識力と自己受容力の向上
・STEP2 思考行動パターンの変容(清流化)
・STEP3 めざす方向性に近づくための改革シナリオ創り
《STAGE2》
「フォーメーションデザイン」ステージ~経営マネジメントの実践
・STEP1 ありたい姿と現状の認識合わせ(事業・人・組織)
・STEP2 フォーメーションづくり
・STEP3 実践と振り返りの定着化

書籍情報

著者
簑原 麻穂
発行
エッセンシャル出版社(2020年)
価格
1800円(税別)

著者からのメッセージ

このたび、エッセンシャル出版社より書籍「全員参画経営 ~Total Formation Design」を発刊いたしました。
まだまだ私自身は未熟ではありますが、13年間プロセスデザイナーとして企業支援をさせていただいた経験をもとに、工場閉鎖の危機だった地方工場の再生と長年赤字だった事業のV字回復の事例を、できるだけリアルな物語で体感し、全体改革プロセスや改革起点をできるだけわかりやすく描いてみました。
“一気に変わった世の中と市場を経営者はどう受け止め、何をするべきなのか”厳しい現実と向き合う経営者やリーダーの方々の気持ちが少しでも楽になり、社員と共にこの危機をどう乗り越えていけばよいのかのヒントが見つかると嬉しいです。
2つの物語は架空設定ですが、ほぼ事実と変わらない内容になっています。
一番苦しい時に経営者は何を大切にし、何を選択したのか、そして、社員はなぜ、自分たちの力で事業や工場を再生させたい、これは私たちの改革だと想い自ら動き出したのか?苦しみもがきながらも、仲間と共に危機を乗り越えた彼らの改革ストーリーが、同じ状況の中で悩んでいるひとりでも多くの方に届きますよう心から祈っております。

発売後、たくさんの読者の方々から感想の声をいただいています。

●「父性性・母性性」という概念と、それを会社の成長段階に応じてバランスさせていくという考え方が腑に落ちた。人事を差配する人間は理解しておくべきフレーム(経営者)

●受注前検討会、施工前検討会、完成後検討会は、自社に取り入れていきたい。想定されていた赤字案件と想定していなかった外部環境の変化で、最大の試練となっています。しかし、これらのことを最大のチャンスと考え、より強い経営体質を実現し∨字回復に結び付けていきます。(経営者)

●父性性、母性性の表現はきびしさ、やさしさでは表現できないようなニュアンスがあり理解しやすかったです。それに物語形式であることで想像しやすく、楽しく読み進めることが出来ました(役員)

●何ともこの時期にタイムリーなテーマ! Withコロナ~Afterコロナを迎えるにあたって、働き方も組織内のコミュニケーションも以前には戻れない中、それはある意味大きなチャンスでもあると思いますが、その折に力強い手引きを頂いたような気がします。
まさに全員で経営参画して、全員の能力を発揮できる組織がこれから求められると思います。(50代男性)

●夢中になって読んだ。コンサルの手法をこんなにさらけ出していいの? 当社の管理職たちとも共有したいと考えています。第2部の物語のほうが変革は難しい。役者がそろっていた。核になる人がぶれなかった。それと下の階層にスポットを当てる。3回目を読んでいる。読むほどいい本だと思う(40代女性)

簑原 麻穂

簑原 麻穂

ASAHO MINOHARA

泣く子も笑わせる関西出身。 JASに就職し、チーム連携と新商品開発による顧客価値アップを実現したのち、JALとの統合プロジェクトにも参…

組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録